ベルリン中央駅

マーカーはベルリン中央駅です。

ベルリン中央駅
[2006年5月26日、サッカーのワールドカップ・ドイツ大会開催に合わせる形で開業した。東西冷戦下で政治的に分裂していたベルリンでは、長距離列車の拠点が複数の駅に分散していた。 旧東ベルリンベルリン東駅(Berlin Ostbahnhof、東ドイツ時代末期に「ベルリン中央駅」に改称)と、旧西ベルリンベルリン動物園駅(ツォー駅、Berlin Zoologischer Garten)である。 当駅は、その統合を行い、旅客の利便性は飛躍的に高められた。当駅の位置には、第二次世界大戦直後まで、レールテ駅(Lehrter Bahnhof、日本語ではレアター駅とも)というターミナル駅が存在したが、1950年代初めに長距離列車の発着が廃止され、都市線(シュタット線)のベルリンSバーンの駅(Lehrter Stadtbahnhof)だけが残されていた。当駅建設に際してはSバーンの駅も含めて、完全に作り直された。
乗り入れる列車
ICE (トリーア –) シュトゥットガルトルール地方ハノーファー – ベルリン
●ICE (インスブルック –) ミュンヘン – シュトゥットガルト – フランクフルト・アム・マインブラウンシュヴァイク – ベルリン
●ICE (インターラーケン –) バーゼル – フランクフルト・アム・マイン – ブラウンシュヴァイク – ベルリン
●ICE (キール –) ハンブルク (/ ロストック) – ベルリン – ライプツィヒニュルンベルク – ミュンヘン
●ICE コペンハーゲン – ハンブルク – ベルリン
●ICE オーフス – ハンブルク – ベルリン

駅舎・wikipedia-photo、駅入口・wikipedia-photo、最上層(東西方向プラットホーム)・wikipedia-photo、最上層・wikipedia-photo、最下層(南北方向プラットホーム)・wikipedia-photo  (wikipedia・ベルリン中央駅より)]

[交通機関と接続
ローカル列車&地下鉄: Uバーン(地下鉄)のU55号線、Sバーン(都市近郊列車)の路線(S3、S5、S7、S75)。
バス: バス路線M41、M85、120、123、142、147、245番。
タクシー: 駅の外にタクシー乗り場があります。
空港: バス(TXL)がベルリン中央駅とベルリン・テーゲル空港を結んでいます。  (「ベルリン中央駅の鉄道案内|レイルヨーロッパ【公式】」より)]

ベルリン中央駅 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がベルリン中央駅です。

カメラ南南東方向がベルリン中央駅です。

ベルリン中央駅南エントランスホールです。

ベルリン中央駅プラットホームです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*