ベーベル広場

マーカーはベーベル広場です。

ベーベル広場
[ウンター・デン・リンデンを挟んで向かいにフンボルト大学ベルリン、西は旧王立図書館(現フンボルト大学別館)、南は聖ヘートヴィヒス大聖堂、東はベルリン国立歌劇場に囲まれた広場。冬にはクリスマスマーケットが立つ。 この広場の中心に、ガラスプレートがはめ込まれた場所がある。 これは1933年5月10日にナチス・ドイツにより行われた焚書事件の記念碑で、地下を覗き込むと空の書架になっている(1995年ミヒャ・ウルマン作)。この焚書事件で燃やされた本の中にはトーマス・マンエーリッヒ・ケストナー、シュテファン・ツヴァイク、ハインリヒ・ハイネカール・マルクスなど数々の著名な作家の作品が含まれていた。 このガラスプレートの近くには銅版のプレートがあり「…dort wo man Bücher verbrennt, verbrennt man am Ende die Menschen」(・・・書物が焼かれるところでは、最後には人間もまた 焼かれるのだ)というハイネが1820年に遺した言葉が刻まれている。  (「ベーベル広場」より)]

[ベーベル広場。この広場の地下に駐車場を造るため、かれこれ1年以上も工事中でした。表面の石は完全に新たに敷き詰められたようです。正面の丸いドームは聖ヘトヴィヒ大聖堂、左側は州立歌劇場(オペラ座)です。もともとはフリードリヒ大王が設計したこの広場ですが、やはり有名なのはナチスによる焚書事件でしょう。1933年5月10日、「非ドイツ系」とされる書物約2万冊がここで焼かれたのです。この出来事を忘れないようにと、イスラエルのミハ・ウルマンによる、いわゆる「地中の図書館」が広場の中央に埋め込まれているのですが、これは必見です。オペラ座の向かい側は旧王立図書館(現フンボルト大学別館)。右側のウンター・デン・リンデンをはさんで、フンボルト大学の本館が広場と向かい合っている。  (「新しくなったベーベル広場」より)]

[「ウンター・デン・リンデンから見たベーベル広場のパノラマビュー、中正面に聖ヘドウィグ大聖堂、左にオペラ座、右にフンボルト大学法学部のアルテ国立図書館」・wikipedia-photo、1880年の広場・wikipedia-photo、地中の図書館・wikipedia-photo]

南方向がベーベル広場で、カメラ方向右が旧王立図書館、左がベルリン国立歌劇場です。

北方向がベーベル広場で、カメラ方向左が旧王立図書館、右がベルリン国立歌劇場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*