ペルガモン博物館

マーカーはペルガモン博物館です。

[Google アートプロジェクト] – 「ペルガモン博物館」(ヘッダー画像右下のペグマンをクリックするとストリートビューが表示されます。)

ペルガモン博物館
[ペルガモン博物館 (Pergamonmuseum) は、ドイツベルリンにある博物館の1つである。博物館島にあり、館名の由来にもなっている「ペルガモンの大祭壇」を始めとするギリシャローマ中近東ヘレニズム美術品、イスラム美術品などを展示する。博物館島は、ベルリン市内を流れるシュプレー川の中洲であり、かつての東ベルリンに位置する。中洲の北半分にペルガモン博物館のほか、ボーデ博物館 (Bodemuseum)、旧国立美術館 (Alte Nationalgalerie)、旧博物館 (Alte Museum)、新博物館 (Neue Museum) の計5館の国立博物館が集中している。この地は19世紀半ば、プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世によって「芸術と科学のための地域」に定められたものである。
主な収蔵品
ヘレニズム期の「ゼウスの大祭壇」、エーゲ海の古代都市ミレトゥスにあった「ミレトゥスの市場門」、バビロニアの「イシュタール門」などが代表的収蔵品である。
●ペルガモンの「ゼウスの大祭壇」(紀元前180年-160年頃)-紀元前2世紀、小アジアのペルガモン(現・トルコのベルガマ)で建造された大祭壇が博物館内に再構築されている。全長100メートル以上に及ぶ浮き彫りはギリシャ神話の神々と巨人族との戦い(ギガントマキア)を表したもので、ヘレニズム期の彫刻の代表的なものである。1864年、カール・フーマンらが発見し、ドイツに持ち帰ったものである。
●バビロニアの「イシュタール門」(紀元前560年頃)バビロニアの古都バビロンの中央北入口の門を飾っていた装飾が博物館内に再構築されている。青い地の彩釉煉瓦でおおわれた壁面には牡牛やシリシュ(獣の体に鳥のような足、蛇のような首をもった、創造上の動物)を表している。
ペルガモン博物館の正面入口・wikipedia-photo、ペルガモンの大祭壇・wikipedia-photo、イシュタール門・wikipedia-photo  (wikipedia・ペルガモン博物館より)]

ムシャッタ宮殿
[ムシャッタ宮殿 (Mshatta facade) は現在のヨルダンに存在したウマイヤ朝時代の宮殿。ウマイヤ朝が滅亡した750年には未完成だったとされ、ウマイヤ朝が滅亡されるとともに建設工事は中断され、宮殿は放棄された。あまりにも壮大で豪華な宮殿であったため、ウマイヤ朝衰退の一因になったと言われる。華麗な宮殿の装飾は剥がされてヨルダン国外に持ち出されており、ベルリンのペルガモン博物館にこの宮殿の入り口部分が再建されている。
ペルガモン博物館に展示してあるムシャッタ宮殿の一部・wikipedia-photo  (wikipedia・ムシャッタ宮殿より)]

ペルガモン博物館進入路
ペルガモン博物館の前庭の完成は2025年頃の予定ですが、完成すると下図の矢印が進入路になります。2019年7月現在の進入路は矢印右端のジェームス・ジモン・ギャラリーです。
詳細は「Masterplan Museumsinsel A Projection into the Future」をご覧ください。

博物館島、新時代へ – ジェームス・ジモン・ギャラリーがオープン 」、「ペルガモン博物館の入り口が変わりました ドイツ/ベルリン特派員 …

ペルガモン博物館 – Google Map 画像リンク」、「イスラム美術館 – Google Map 画像リンク」、「ベルリン中東博物館 – Google Map 画像リンク」、「Museum of the Ancient Near East – Google Map 画像リンク」、「ジェームズ・サイモン・ギャラリー – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向がペルガモン博物館です。(※2008年7月画像)

カメラ北東方向が2019年7月にオープンしたジェイムズ・ジモン・ギャラリーで建物西側に入場口があり、ペルガモン博物館もそこから入場することになりました

ペルガモン博物館の新しい入口ホールで、カメラ南東方向がジェイムズ・ジモン・ギャラリーとの接続口になります。

ペルガモン博物館の新しい入口ホールからの旧ストリートビューです。
[入口の両側にある大きなライオン像は、紀元前10~8世紀の「サムアルの城門の再現」です。サムアルとはアラム人の都市国家。ライオン像と壁の基壇部を覆うレリーフは、復元ではなく実物だというから驚きです。レリーフには天候神ハダドをはじめとした神々や戦士、動物、想像上の動物などが描かれています。  (「ベルリン博物館島の1日観光!ペルガモン博物館をはじめ5つの …」より)]

カメラ位置はバビロンの行列通りのライオンです。

カメラ東北東方向がイシュタール門です。

カメラ南西方向がミレトゥスの市場門です。
[イシュタル門をくぐると、これもまた巨大な「ミレトスの市場門」が復元展示されています。ミレトスとは、現在のトルコのイズミルの南あたりにあったギリシア人の植民都市です。
ミレトスの市場門は129年に造られた大理石製の門で、高さ17m、幅29m、重さは1600トンあります。ヘレニズムの伝統を受け継ぐギリシャ様式の円柱と、ローマ皇帝時代のアーチが特徴的。これだけ豪華な門が宮殿や神殿の入口ではなく、ミレトスの南市場に設置されていたというから驚きです。  (「ベルリン博物館島の1日観光!ペルガモン博物館をはじめ5つの …」より)]

カメラ北東方向が『ゼウスの大祭壇』です。

カメラ南西方向が『ゼウスの大祭壇』の裏側になります。

ムシャッタ宮殿の一部展示前のカメラです。

ムシャッタ宮殿展示中のカメラです。

アレッポの部屋
[ペルガモン博物館2階のイスラム美術の展示はこの部屋から始まる。背の低い入口から入ると、T字型の部屋の9面の壁に隙間なく描き込まれた赤地の装飾に目を奪われた。次々とやって来る世界中からの客人も、イヤホンガイドを聞きながら、静かに感嘆の声を上げている。部屋の保存の関係上、ガラス越しにしか内部を見学できないが、目を凝らすと中央の扉の両側に描かれたキリスト教をモチーフにした絵が見える。  (「アレッポ商人の応接間に 笑みが戻る日は –」より)]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*