ミューレンダーム

マーカーはミューレンダーム橋です。

ミューレンダーム(Mühlendamm)
[ベルリンのミューレンダムは、ミッテ地区の主要な大通りの1つで、Bundesstrasse 1の一部です。名前は、1220年から1230年の間に作られたダムに由来します。ダムは、拡張されたときに、 いくつかの水車を堰に設置し都市の発展に対応しました。19世紀以降、シュプレー川を横断するために存在していた橋には、ミューレンダム橋という名前が付けられました。シュプレー川の西側水路、シュプレー運河に架かるゲルトラウデン橋と対応して設置されています。
ミューレンダムは、中世後期の双子の都市アルト=ケルン(Alt-Kölln)とアルト=ベルリン(Alt-Berlinの中心と考えられています。この街は、ニコライヴィエルテル(Nikolaiviertel)周辺の1200年頃から、旧市場(Alter Markt・現在のモルケンマルクト(Molkenmarkt))と現在のアルト=ケルンのシュプレー島(Spreeinsel)にあるペトリプラッツ(Petriplatz)とともに発展しました。その起源の歴史は、テルトウ(Teltow・ハレ(Halle)とヴィッテンベルク(Wittenberg)から)とバルニム(Barnim・オーデルベルク(Oderberg)とシュテッティン(Stettin)に向かって)の間の長距離貿易ルート上の位置に関係しており、この狭い平坦な地点でシュプレー川を渡っていました。12世紀後半に作成された新しいシュプレー川道筋は、シュパンダウ(Berlin-Spandau)とケーペニック(Berlin-Köpenick)での以前の道筋に対抗して作成されました。橋は当初、徒渉用として設置されましたが、さまざまな工場で水車を使用するために、水位を調整するための堰になりました。水位は堰の位置で約1.70メートル上昇しました。これは、より大きな船でもこのルートを使用できることを意味します。
2003年のベルリンの構造地図の新しい評価から、最近の研究では、ミューレンダムは決してシュプレー川の最も狭い場所に建設されたのではないことがわかりました。水路幅160メートルのこの地点は、現在の赤の市庁舎に近接する水路幅80メートルというはるかに狭い地点と対照的です。その地点は特にスロープの可能性がなかったので、徒渉用としては問題外でした。ミューレンダームや後期のケルンの魚市場の状況よりも、はるかに狭い地点は、ドイツの初期の開拓者がシュプレー川を渡るのにより適しているように見えなければなりませんでした。
ミューレンダーム(Mühlendamm-„Molendam tu Berlin“)の名前は、ダムがアルト=ベルリンとアルト=ケルンの都市が設立されたとき、都市間でシュプレー川を渡った唯一の要塞化された交差点であったことから来ています。シュプレー渓谷に敷設された幹線道路がそこに集中しました。同時に、ミューレンダームは1220年から操業している水車のダムとして機能しました。6つの穀物ミル(Getreidemühle)、歩行ミル(Walkmühle)、切断ミル(Sägewerk)が川を横切り、船の通過のための中央部分だけが解放されていました。1298年9月28日付けの文書は、ベルリンのモレンダムへの「忙しい船での輸送」が記述されています。収益性の高い製粉所は1448年から主権者ブランデンブルク選帝侯が所有し、ミューレンホフ事務所(Amt Mühlenhof)が管理していました。ここで処理された製品は、シンプルな木製の屋台でその場で販売されました。シレジア(Schlesien)とハンブルクの間の途中で船を再積載するときの既存の積荷の積み下ろし、積載の権利は、さらなる商人の設立につながり、それは次に、市の財源として良い収入を生み出すのに役立ちました。ミューレンダムは活気のある市場となりました。シンプルな古い売店は、石造りの要塞化された堰に関連して、1687年に大選帝侯フリードリヒ・ヴィルヘルム(在位:1640年 – 1688年)の要請で石造りの売店として再建されました。
「全体を見やすくするために、建物の地下はアーケードとして設置されました。ミューレンダムの南側には、いわゆる跳ね橋への通路に高い門があり、その上に大選帝侯の胸像が置かれていました。 1706年から1710年にかけて、プロイセン王フリードリヒ1世(ブランデンブルク選帝侯としてはフリードリヒ3世、在位:1688年 – 1713年)はマスタービルダーのスーテ(Soothé)に命じ、5つの製粉水車を設置できる堰を建造しました。
-サミュエルハインリッヒスパイカー:19世紀のベルリンとその周辺」
新しい販売施設-6つの大規模なヴォールト-は、ヨハン・アーノルド・ネリング(Johann Arnold Nering)の計画に従って建設され、工場の列柱と呼ばれました。その上にはしばしば商人のアパートがあり、1693年から商人が会議に使用したホールがあり、1739年までは証券取引所としても機能していました。1834年からのベルリンとポツダムの最新の状況の説明には、状況の次の説明が含まれています:「綿とファッションの商品、洋菓子店、製本と小物、衣料品店、宝くじのコレクションと他の多くの施設があります。シュプレー川はその建物の下を流れ、工場が操業しています。」
その後数十年に数回の火災が発生した後、19世紀初頭に列柱が砂岩で再建されました。ミューレンダームは、当時はにぎやかな商店街でした。
ミューレンダームに新しく建てられた長さ110メートルのミューレンダーム閘門は、中世以来数回拡張されたシュプレー運河の閘門(現在のロック橋)に取って代わりました。増加する船の輸送のためにシュプレー川の河床は深くなり、橋は再設計されました。工場は今や障害となっていたため、工場は稼働を停止し、建物は1892年までに解体されました。]

1688年のアルト=ケルンとアルト=ベルリン周辺図(拡大図リンク・wikipedia-photo)
ピンク色シュプレー川内のT字に、p-ミューレンダーム(Mühlendamm)、x-ローゼン・シュトラウス(Rosen Strauss)、黄色シュプレー運河に、o-ロック橋(Schleuse)、z-ゲルトラウデン橋(Gertrauden Brücke)が描かれています。

シュプレー川のサイドアーム(西水路)に最初の閘門を備えたアルト=ケルンとアルト=ベルリンの2つの住居区域の平面図
絵図下シュプレー川のサイドアーム(西水路)に最初の閘門が描かれ、本流にモレンダム(ミューレンダーム)が描かれています。

1910年からのミューレンダム橋の地図

Mühlendammschleuse – Google Map 画像リンク」「Mühlendamm – Google Map 画像リンク