ミューレンダーム閘門

マーカーはミューレンダーム閘門です。

ミューレンダーム閘門(Mühlendammschleuse)
[ミューレンダーム閘門は、ベルリンミッテ区、フィッシェリンゼル(Fischerinsel)のミューレンダーム(Mühlendamm)の東にあります。シュプレー川の一部であるシュプレー・オーデル水路(Spree-Oder-Wasserstraße)にあります。ミューレンダーム閘門は1942年に運用され、落下高さは1.51メートルあります。ベルリン水路海運局(Wasserstraßen- und Schifffahrtsamt Berlin)が管理しています。2006年に、閘門は3,500の貨物船、15,933の遊覧船、6,560のプレジャーボートが利用しています。エンジン駆動のない小型船はKanzleramtsstegオーバーバウム橋の間では許可されないため、手漕ぎで動くボートは運行されません。ミューレンダーム閘門は歴史的記念碑(Denkmalschutz)です。
歴史
シュプレー川の本流のミューレンダーム閘門は、1894年に、シュプレー川のサイドアーム(西水路)にあるシティーロックに代わる一連の複扉室閘門として建てられました。これにより、以前は工場で塞がれていたシュプレー川本流での下流から上流への航行可能になりました。 1936年に並列閘門として再建されました。

シュプレー川のサイドアーム(西水路)に最初の閘門を備えたアルト=ケルン(Alt-Kölln)とアルト=ベルリン(Alt-Berlin)の2つの住居区域の平面図
絵図下シュプレー川のサイドアーム(西水路)に最初の閘門が描かれ、本流にモレンダム(ミューレンダーム)が描かれています。

1230年頃-モレンダム(Molendamm)はミューレンダム(Mühlendamm)になる
要塞化されたモレンダム(Molendamm)は、初期のシュプレー川の狭い氷河の谷を克服するために使用されていた、砂丘の上のアルト=ベルリン(Alt-Berlin)とアルト=ケルン(Alt-Kölln)の集落の間の単純な横断できる川の浅い場所に取って代わりました。これにより、1200年頃にアルト=ベルリンとアルト=ケルンの間の川の交差点が改善され、これにより南北貿易のための重要な貿易ルートの交差点が発達しました。最初の原始的なモレンダムは、最初は木の幹で補強された丸太のダムで構成されていました。
シュプレー川のダムが船の進路を塞いだため、モレンダム下流で荷を降ろし、ダム上流に待機する他の船に荷揚げする必要がありました。この積み替えポイントには、積み荷を積む権利が与えられ、船員だけでなく通過する商人にも、積み替えポイントの近くで数日間商品を提供するように義務付けられました。これにより、この取引が行われたシュプレー川沿い​​に、雨と風から保護されたシンプルな木製の売店が生まれました。彼らは後に、偉大な選挙人フリードリッヒ・ヴィルヘルムの命令に従って石造の店を建てられなければなりませんでした。
改良されたモーレンダムによって改造されたシュプレー川は、水車の建設に適していました。ブランデンブルク辺境伯によって機械製粉機の建造が命じられたために、水車の製粉機が追加され、最初の穀物工場は、1285年頃にアルト=ケルン側に、1300年頃からアルト=ベルリン側に建設されました。モーレンダムはすぐにミューレンダム(Mühlendamm)と呼ばれました。
貿易の増加は市民にかなりの収入をもたらし、アルト=ベルリンとアルト=ケルンの入植地は成長し、1230年頃には両方の入植地に都市の権利が与えられました。 1307年に、これら2つの都市は1つの連邦都市に統合されました。
シュプレー川(今日のシュプレー運河)・サイドアーム(西水路)、最初の閘門
船で製粉機の詰まりを簡単に克服できるように、ミューレンダームの最初の先駆者によって、16世紀に人工的に作成されたシュプレー川(今日のシュプレー運河)の閘門がアルト=ケルン側の水路に建設されました。
1578年、最初の航行可能な木製の閘門「ヴェルダー」が建てられました。これは後に市の水門と呼ばれました。船のサイズが大きくなり、交通量が増加するにつれて、閘門は経年とともに拡大し、さらに強化されました。したがって、19世紀までは、人工のシュプレー川のサイドアーム(西水路)は水門としても知られていました。

1688年のアルト=ケルンとアルト=ベルリン周辺図(拡大図リンク・wikipedia-photo)
ピンク色シュプレー川 p の部分がミューレンダームです。

1850年頃-工業化により出荷が増加
1850年以降、金属加工の開発が加速し、以前は圧倒的だった鍛造や鉄加工工場などの生産設備が、機械および金属製品業界で高性能の工場を生み出しました。生産は新しい工業的製造方法で倍増することができ、アルト=ベルリンは蒸気機関、繊維産業用機械、機関車、鉄道貨車の製造の中心としてに発展しました。別の焦点は、電気工学、電信技術、照明の工場でした。
原材料と完成品の輸送用に鉄道と輸送ラインが形成されました。人口がほぼ2​​倍になったことによる都市の急速な拡大(1849年には約415,000人、1871年には約825,000人)のため、新しい通り、家、長屋の建設が必要となりました。水路は石やその他の建築材料の必要な輸送のために拡張されました。 ラントヴェーア運河(Landwehrkanal)は、ルイゼンシュタット運河(Luisenstädtischer Kanal)と同様に、緊急作業の一環として1848年に建設されました。ベルリン=シュパンダウアー=シファーツ運河(Berlin-Spandau Ship Canal)は10年後に建設され、フンボルトターフェン(Humboldthafen)やノルトハーフェン(Nordhafen)などの大きな港がこの工事に関連して建設されました。1900年頃に計画されたヴェストハーフェン港(Westhafen)である市内最大の港は、ドイツ国営鉄道の抵抗に抗してはるか後に建設され、1923年に開港しました。輸送ルートがさらに拡大されたとき、シュプレー川は1882年から1885年に真っ直ぐになりました。市内中心部では、銀行は改築強化され、橋が改修または更新されました。これらの対策の一環として、ロック運河の市の水門は、1885年に最後の拡充がされました。当時、それはすでにベルリンの海運業界のボトルネックとして知られていました。
シュプレー川本流に新しい水門が建設された後、都市の水門は解体され、代わりに遊覧船用の狭い水門が設置されましたが、後に水門が施錠されました。新設の堰を保水に使用。

1894-シュプレー川本流でのミューレンダーム閘門の建設
市議会は残った製粉所、ミューレンダムの倉庫、建物、家屋を買収し、すべてが取り壊されました。これにより、船の長さ、船の喫水増加に対応して、閘門エリアでシュプレー川を広げて浚渫することができました。橋は交通量の増加に合わせて拡大され、大幅に再設計されました。1894年にミュレンダムに直接建設された新しい水門は、中世以来ロック運河にあった市の水門に取って代わりました。閘室の長さは115メートル、幅は9.6メートルでした。新しいミューレンダム橋の2本の橋脚が水門の壁に配置されました。シュプレー川本流の古いダムの構造は解体され、それぞれ幅が約17メートルの3つの開口部を持つ新しい堰に置き換えられました。ロックアイランドに建てられた建物は、閘門の操作、機械室の収容、および閘門管理者のアパートとして使用されました。さらに、税関の事務所がここに建設されました。

1910年からのミューレンダム橋の地図

1936年から1942年-並列閘門としての新しい建物
一連の閘門では交通量の増加に対処できないため、クマークミューレンダム油圧工学局(Wasserbaudirektion Kurmark Mühlendamm)は、長期計画作成後、ミューレンダーム閘門の東側に新しい並列閘門の建設を委託しました。入念な計画作業の理由は、河床の下を走る現在のベルリン地下鉄2号線である地下ラインAのシュプレートンネルクロスター通り(Spreetunnel Klosterstraße)にあり、フェアウェイ(Fahrwasser)の必要な深さを考慮に入れる必要がありました。
落下高さ1.5メートルの並列閘門は、1000トンの船用に設計されました(今日の内陸水路クラスIII(Binnenschiffsklasse III))。長さ136メートルの閘室の側壁は、標準化規格の突っ込み鋼板で構成され、正面の閘門入口は鉄筋コンクリートで作られ、閘門ゲートは鋼溶接構造でした。ミューレンダム橋の下に新しい堰が建設された。 底までの水深は6メートル。北の閘室幅は11.75メートル、南の閘室幅は12メートルです。 通過時間は約30分です。
作業は1936年から1942年まで続きました。水力工学対策の一環として、ミューレンダムとその周辺も再設計されました。古い堰、ミューレンダム橋、および隣接するエーフライム邸との間のミューレンダムビルディングは取り壊されましたが、第二次世界大戦が始まる前に、それ以外の建物の改築と道路工事は停止されました。その場しのぎとして、長さ35メートル、幅11メートルの鋼製トラス橋が古い水門の両側に建設され、鋼製の梁橋が新しい堰水路の上に建設されました。ドイツ国防軍ベルリンの戦いの最終日にこれらの橋を爆破した。 終戦後、ミューレンダムの計画ルートの北に緊急橋が建設された。
ミューレンダーム緊急橋の横にある古い閘門が解体されたのは、1964年になってでした。現在の幅45.2メートルのプレストレスト・コンクリート橋は、1966年から1968年にかけて建設されました。
主要なオーバーホールの一環として、1994年に新しいほぞ穴が水門に設置され、船の衝撃に対する保護システムが設置され、水門システムの操作が近代化され、中央制御システムが装備されました。
「2007年の眺め。 隣接する2つの閘門室がはっきりと認識できます。」・wikipedia-photo、閘門ゲートを閉じる・wikipedia-photo]

Mühlendammschleuse – Google Map 画像リンク」「Mühlendamm – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がミューレンダーム閘門です。