モルトケ橋

マーカーはモルトケ橋です。

モルトケ橋(Moltkebrücke)
[モルトケ橋は自動車と歩道橋で、石の柱に耐力鋼構造があり、ベルリンミッテ区のモアビット(Berlin-Moabit)に属するシュプレー川に架かっています。赤い砂岩で覆われた橋は、ウィリー・ブランド・シュトラーセ(Willy-Brandt-Straße、1998年1月まで:モルトケシュトラーセ(Moltkestraße))とアルトモアビット(Alt-Moabit)通りをつないでおり、ティアガルテン地区(Berlin-Tiergarten)のシュプレーボーゲン(Spreebogen)にある政府と議会の地区と、モアビターヴェルダー地区(Moabiter Werder)のベルリン中央駅がつながっています。橋は連邦首相府の南西端に直接つながっています。
写真や彫刻で豪華に装飾された橋の名前は、1857年から1888年までプロイセンの参謀長であったヘルムート・ヨハン・ルートヴィヒ・フォン・モルトケにちなんで名付けられました。1886年から1891年にOtto Stahnの芸術的な指揮で建設されました。第二次世界大戦で損傷した建物は、1947年に運用を再開し、1983年から1986年にかけて大規模に修復および近代化されました。
モルトケ橋は指定建造物(Denkmalschutz)です。
東からのモルトケ橋・wikipedia-photo、「モルトケ橋、国会議事堂の建物に向かって、2014年」・wikipedia-photo、橋の建設データが記載された名前とプラークのある欄干飾り・wikipedia-photo、「橋の北東端にあるグリフォン彫刻、盾形の紋地にパーキマー紋章」・wikipedia-photo、橋の南東端にある彫刻「最初に重さを量り、次に冒険する」と刻まれています。・wikipedia-photo、橋の南東端にあるグリフォン彫刻・wikipedia-photo、中央の橋のアーチのキーストーン、モルトケの肖像画の頭・wikipedia-photo、橋のアーチのBlucherの肖像画の頭・wikipedia-photo、装飾的なランタンが付いている橋の欄干・wikipedia-photo、ランタンの根本でローマの兵士の服を着た子供たちの彫刻・wikipedia-photo、シュプレー川のほとりにある戦禍により破壊されたグリフィンのオリジナルの彫刻・wikipedia-photo]

モルトケ橋 – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がモルトケ橋です。

モルトケ橋上のカメラです。

モルトケ橋のランタン