モンビジュー橋

マーカーはモンビジュー橋です。

モンビジュー橋(Monbijoubrücke)
[ベルリンミッテ区にあるモンビジュー橋は、シュプレー川と(Spreekanal・Schleusengraben)の一部であるクプファーグラーベン(Kupfergraben)を横切っています。今日の橋は、20世紀初頭にシュプレー川の両方の流れに架けられ、博物館島の先端に位置しています。二連橋の北部は、長年の暫定使用の後、2006年に再建されました。
現在の場所にある、シュプレー川に架かる最初の橋の初期の存在は、大きな土手橋として記録されています。それは1776年にリニューアルされた木製のヨークブリッジ(Jochbrücke)でした。ヴァイデンダム(Weidendamm)は現在の島の先端からルストガルテンまであったため、新しいシュプレー川の交差点は現在「クライネ・ヴァイデンダマー・ブリュッケ(Kleine Weidendammer Brücke)」と呼ばれていました。 このダムの撤去に伴うナショナルギャラリー(1866〜1876)の建設と島の小麦粉ハウス(Mehlhauses)の完成により、上流に支柱橋が建設されました。1820年に完成したこの橋は、小麦粉橋(Mehlbrücke)またはメルハウス・ブリュッケ(Mehlhausbrücke)と呼ばれていました。1897年、建築家エルンスト・フォン・イーン(Ernst von Ihne)は、古代博物館の展示のためにシュプレーインゼルに公共博物館(ボーデ博物館)を建設するように依頼されました。博物館ビルディングの計画と同時に、フォン・イーンは2つの別々の部分橋からなる新しい橋を設計しました。橋は島の先端にある博物館の前庭を鈍角に曲がり、博物館の入口とシュプレー川の反対側の土手をつないでいます。橋は1902年から1904年の間に建設され、建てられたときに近くのモンビジュ城(Schloss Monbijou)にちなんでモンビジュ橋と呼ばれました。前庭にドイツ皇帝フリードリヒ3世(在位:1888年3月9日 – 1888年6月15日)の騎馬像が建てられました。橋の両方の部分は、ザクセンのラインハルトスドルファー(Reinhardtsdorfer)とポスター砂岩(Postaer Sandstein)と、ヴュンシェルバーガー砂岩(Wünschelburger Sandstein)で造成されました。手すりに透かし彫りの手すりと、花崗岩で作られた円柱形のランプホルダーが、ブロンズで鋳造された球形の照明器具で装飾されています。選択された素材の組み合わせは、博物館のネオバロック様式(Neobarock)の建築様式に合わせて調整されています。
モンビジュー橋に架かる橋の南側は、90度の角度で銅の溝(クプファーグラベン・Kupfergraben)またはシュプレー運河(Spreekanal・Schleusengraben)と呼ばれるシュプレー川の左腕に広がり、通りアム・クッパーグラーベン(Am Kupfergraben)に出会います。開口幅18m、全長25m、欄干間の幅14mのシングルアーチ型のアーチ橋です。アーチ上部の全高は0.73 mです。
北側はシュプレー川の本流に橋を架け、モンビジュウ通り(Monbijoustraße)に通じています。この橋は、シュプレー川に対して82.5°の角度で方向付けられており、貧弱な下層土のために、それぞれ幅が17.25 mの明確な2つの石のアーチで構成されていました。2つのアーチの間に幅2.4 mの支柱が配置されました。下層土は、北のアーチ支台の木製ケーソンに深さ18 mの精巧な基礎を必要としました。2つのシュプレー川の流れは、モンビジュー橋のすぐ後ろで合体します。20.2ヶ月の建設期間で、2つの橋の建設費は842,852ドイツマルクでした(今日の通貨での購買力を調整した場合:約565万ユーロ)。モンビジュー橋は、地域に関連するコストの点で、当時の最も高価な橋でした。
第二次世界大戦中、北側の橋はドイツ軍の軍隊によってベルリンの戦いの終わりに向かって爆破され、赤軍の前進を妨げました。その後、何十年にもわたって木の板で覆われたその場しのぎの鉄橋がこの場所でシュプレー川を横断するために使用されました。
ベルリンの壁崩壊とその後のドイツ再統一により、多数のオリジナルの材料を使用してモンビジュー橋全体を復元することが可能になりました。2006年10月12日、改修されたモンビジュ橋を開通しました。飾りのない鋼鉄製の支持セグメントは、それぞれ重量が100トンで、2つの縦方向のパーツで作られ、元の外観に合わせて、シュプレー川の本流に広がります。これらの橋の部分は、更新された古い橋台に船のクレーンで配置され、砂岩で覆われました。橋の新しい半分の設計は元の計画に対応していませんが、軽量な構造のため中央の橋脚を必要としないため、シュプレー川の輸送の要件を満たしています。
モンビジュー橋は、歩行者、サイクリスト、博物館への商業交通、緊急車両のために用意されています。 皇帝の騎馬像は橋の上に再建されませんでした。
モンビジュー橋とボーデ博物館(2007);左側は橋の再設計された北部・wikipedia-photo、1885年の「メルブリュッケ」・wikipedia-photo、1905年の完成直後のモンビジュ橋とボーデ博物館・wikipedia-photo、モンビジュー橋の燭台・wikipedia-photo、1991年にその場しのぎの橋として北側の橋・wikipedia-photo、北モンビジュ橋の鋼殻(化粧材施工前)・wikipedia-photo]

Monbijou Bridge – Google Map 画像リンク

モンビジュー橋の鳥瞰カメラです。

モンビジュー橋上のカメラです。

北側モンビジュー橋上のカメラです。

カメラ初期設定方向が北側モンビジュー橋で、右方向に南側のモンビジュー橋アーチが見えます。