ライプツィヒ・メッセ

マーカーはライプツィヒ・メッセです。

ライプツィヒ・メッセ
[ライプツィヒは、世界有数の見本市の街として知られる。15世紀以降、商都としての経済的発展の下でここでは「メッセ(Messe)」と呼ばれる大規模な定期市が開かれるようになった。神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世(在位:1493年 – 1519年)はこれを保護し、これによってライプツィヒは神聖ローマ帝国内初の帝国市「ライプツィヒ・メッセ」の街として経済的優位を確立する。当時のメッセは商品を直接売買する現物市であった。数世紀にわたる交易を通して諸国から最新の知識や技術などがもたらされ、ライプツィヒの国際的な繁栄を支えた。
やがて近代に入ると、これまでの現物市に代わり商品見本の展示を主とする世界初の「見本市」が1895年に当地で開催され、これによってライプツィヒは見本市の街として世界的に知られるようになる。「メッセ」という語は以降「見本市」を表すこととなった。  (wikipedia・ライプツィヒより)]

[ライプツィヒ・メッセ(ドイツ語: Leipziger Messe)はドイツザクセン州のライプツィヒで開催される最大級の見本市。
世界最古の見本市でもあり、1190年から続いている。ライプツィヒは第二次世界大戦後社会主義国・東ドイツに属したが、社会主義政権下でも見本市は続けられてきた。
1996年には町の北東にある空港とジャンクションから離れていない新しい展示会場で開催される。新しい会場はヨーロッパで最も近代的である。
「新しいライプツィヒ・メッセの会場」・wikipedia-photo  (wikipedia・ライプツィヒ・メッセより)]

[ライプツィヒ書籍見本市(Leipziger Buchmesse)ライプツィヒ自動車見本市(Auto Mobil International Leipzig)]

[最寄り停留所・鉄道駅
► Leipzig Messe(ライプツィヒ・メッセ):都市鉄道(Sバーン)S1・S2・S5・S5X号線をはじめとする鉄道各線
ライプツィヒ=ハレ空港駅・ライプツィヒ中央駅からの場合:上記の都市鉄道を使用しそれぞれ所要時間約6分。)
または
► Messegelände(メッセゲレンデ):路面電車16号線
(ライプツィヒ中央駅からの場合:駅前停留所1番ホームよりMessegelände行き、14番目の停留所<終点>。所要時間約19分。)  (「プレス/コンベンション情報 コンベンション情報 新見本市会場/国際会議場」より)]

カメラ東方向がライプツィヒ・メッセです。

カメラ位置はライプツィヒ・メッセ内です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*