ロック橋

マーカーはロック橋です。

ロック橋(Schleusenbrücke)
[ロック橋は、ベルリンミッテ地区シュプレー川西部、シュプレーインゼル(Spreeinsel)のシュプレー運河(Spreekanal)に架かっています。したがって、ヴェルダー・マーケット(Werderscher Markt)とシュロスプラッツ(Schloßplatz)を結びます。 橋の名前は、この地点に以前あった水門と堀に起因します。 ドイツ歴史記念碑(Denkmalschutz)として登録されています。
1443年にアルト=ケルン(Alt-Kölln)の堀に閘門が設置されたときに、初めて2つの木製の橋が建設され、西側のものは既存の水門にちなんでその後の名前が付けられ、東側のものはヴェルダー工場の橋と呼ばれていました。工場設備の改造と1650年代の水門により、新しい橋を建設する必要がありました。新しい閘門橋はVibrand Gerlitzenによって建設され、幅は24メートルになり、5組の扉で船のロックを有効にしました。1694年には、ベルリン市は古い木造の橋を、橋台がある橋構造に改造しました。
1860年代に設立されたベルリン馬鉄道(BPfE・Berlin-Charlottenburger Straßenbahn、1900年からの電気運行)のドロセン通り-アレクサンダープラッツ線、宮殿の自由の開発の解体、およびカイザーヴィルヘルム国定公園の建造の解体には、この橋の新しい建設が必要でした。ベルリンの建築家、フリッツ・クリッツラー(Fritz Kritzler)とマックス・ティッシャー(Max Tischer)は、1914年から1916年にかけて行われた、鉄製桁(圧延鋼材St52と板金桁材St37)で作られた新しいフラップレス・ロックブリッジ(klappenlosen Schleusenbrücke)の建築設計の設計を提供しました。欄干の柱と橋台は灰色の花崗岩で覆われていました。長さは7メートル、幅は約17メートルになりました。建築家でアーティストのロバート・シルマー(Robert Schirmer)とオットー・マルケルト(Otto Markert)に、6つの穴あき鋳鉄格子で構成されたアール・ヌーヴォーの影響を受けた橋の手すりを作ってもらい、それぞれに2つの青銅のレリーフと1657年から1774年までの街並みが端のフィールドにありました。
ミューレンダーム閘門の建設、ロック堰の撤去、およびシュプレー運河の同時拡張により、1937年に橋の再建が必要になり、橋は拡張および拡大されています。新しい手すりのフィールドは前作と同じように設計され、彫刻家のクルト・シューマッハ(Kurt Schumacher)は、1650年と1688年の彫刻的な街並みを持つ2つのメダルをさらに作成しました。改修工事では、1657年、1694年、1863年、1897年の日付の4枚の銅版も明らかになりました。これは、閘門の建設作業と、隣接する城の自由(Schloßfreiheit・1897年)にドイツ皇帝ヴィルヘルム1世(在位:1871年 – 1888年)の騎馬像を設置したことを示しています。
ロック橋は第二次世界大戦で深刻な被害を受けました。特に、橋のカバーと手すりは1945年5月に破壊されました。 橋は1951年まで修理されていませんでしたが、メダルはその後20年放置されました。鋳鉄製の橋の手すりは1972/1973年に再建されました。議会文書によると、市議会は古い都市の景色をアルミニウムから鋳造し、その後ブロンズ化しました。
ロック橋は1998年から2000年にかけて大規模に改装されました。

1688年のアルト=ケルンとアルト=ベルリン周辺図(拡大図リンク・wikipedia-photo)
黄色シュプレー運河の o の部分がロック橋です。ピンク色と黄色の境界に流れるシュプレー川本流の下、T字の部分の p がミューレンダーム閘門建設前のミューレンダームです。

ロック橋の北の手すり・wikipedia-photo、1915年のロック橋とビルディングアカデミー・wikipedia-photo、ロック橋のプラーク・wikipedia-photo、1650(シューマッハ)・wikipedia-photo、1657(シルマー)・wikipedia-photo、1688(シューマッハ)・wikipedia-photo、1774(Markert)・wikipedia-photo]

Schleusen Bridge – Google Map 画像リンク

カメラ位置はロック橋です。