ヴァイデンダンマー橋

マーカーはヴァイデンダンマー橋です。

ヴァイデンダンマー橋(Weidendammer Brücke)
[ベルリンミッテ区にあるヴァイデンダンマー橋は、シュプレー川を渡ってフリードリッヒ通り(Friedrichstraße)が通っています。17世紀から同じ場所にあり、現在の橋は、ベルリンの旧市街中心部で3番目に古い橋です。街の中心にある橋は、文学でも数回取り上げられています。今日の橋の建設は、1970年代から指定建造物になっています。
橋の歴史
1685-1824
1685年に、ノイシュタット橋(NeurestädtischeBrücke)はドロセンティーンシュタット橋(DorotheenstädtischeBrücke)または シュパンダウ橋(SpandauischeBrücke)とも呼ばれ、木製の跳ね橋として建設されました。それは当時のケルシュトラーセ(Querstraße・今日のフリードリッヒシュトラーセ(Friedrichstraße))をベルリンの街からシュプレー川を越えてシュパンダウ郊外(Spandauer Vorstadt)へと導き、ゾフィー・ドロテアの2つの地所をつなぎました。ベルリンノイシュタット(Dorotheenstadt)は北から簡単にアクセスできるようになり、2つのフランス植民地(ユグノーHugenotten)は直接つながっていました。18世紀初頭に、シュプレー川のほとりに柳が植えられた近くのダムにちなんで、この橋はヴァイデンダンマー橋という名前が付けられました。1932年から1959年頃まで、橋は公式地図でヴァイデンダンマー橋と名付けられました。200年の歴史の中で、木製の橋はしばしば修理され、部分的に取り替えられる必要がありました。そのため、19世紀の初めに都市が最初に拡張され、新しい橋が計画されました。
1824–1895
この橋の北方向がフリードリヒ-ヴィルヘルム-シュタット(Friedrich-Wilhelm-Stadt)という名前で開発されたため、1820年からはマーシャル橋(Marschallbrücke)とエバート橋(Ebertbrücke)が建設されました。ヴァイデンダンマー橋は、高性能の交通接続として設計され、より耐久性の高い素材で作られました。チーフビルディングオフィサー、アウグスト・アドルフ・ギュンター(August Adolph Günther)によって計画された新しい5アーチのアイデンワイデンダーマー橋は、中央ヨーロッパで最初の鋳鉄橋の1つとして1824年から1826年に建設されました。その部品は、アッパーシレジアグリヴィツェにある王立プロイセンの鋳物工場で鋳造され、船でベルリンに輸送されました。歩行者と馬車は当初、幅10メートルの橋を共有していましたが、ドイツ帝国時代の発展著しいベルリンでは、車道の幅も橋の弾力性も増加した要件を満たしていませんでした。1880年、両側に木と鋼の桁で作られた歩行者専用レーンが設置されました。1890年代には、実在のワイデンダンマー橋のすぐ隣に仮設橋が建設され、シュプレー川がトラムを通過するようになりました。新しい橋が緊急に必要でした。
1896以降
1892年、ベルリンの建築家協会(Architektenverein zu Berlin)が新しいワイデンダンマー橋の設計競技を開始し、審査員はオットースタン(Otto Stahn)が提出したデザインを選びました。それは、ハーフティンバー構造の連続梁(Durchlaufträger)を備えた3スパンのデッキブリッジでした。スパンは16.3メートル、38.5メートル、15.5メートルに設定されました。橋の幅は22.5メートルで、道路の拡張を想定してフリードリッヒ通りの幅よりも広くレイアウトされました。
木製の仮設橋が元の橋の下流に設置され、1894年に建設が始まりました。古い橋は1895年の春に解体され、その部材はパーツに分け転売されました。1896年に、精巧な装飾要素を備えた新しい橋の構造が完成し、供用開始しました。
地下鉄のトンネル建設に関連して、鋼の上部構造は1914年に解体され、橋台と橋脚が新しい要件に適合できるようになりました。材料テストの後、再建のための構造を補強するためにいくつかの対策が講じられました-固体の壁の桁による鋼のトラス桁の交換は、歴史的な画像ではっきりと見ることができます。さらに、交通量の増加により橋が拡大されました。実際には新しい建物に相当するこれらの介入にもかかわらず、橋の特徴的な形状は維持されました。第一次世界大戦と長年のインフレにより、再建は1923年12月19日まで続きました。9年間の建設期間中、車両交通はおそらく以前の一時的な路面電車橋だった、シュプレー川の下流にある緊急橋を経由して迂回されました。緊急橋は1924年に解体され、一部のパーツが転売されました。
第二次世界大戦中、ヴァイデンダンマー橋は爆発を免れたため、深刻な損傷を与えることなく引き続き使用できました。1974/1975と1985年、東ベルリン市管理局は広範囲にわたる修理作業を実施しました。1992年から1994年にかけて大規模な改修が行われ、とりわけ、シール不良、腐食、道路の損傷が取り除かれました。橋はこの目的のために閉鎖され、エバート橋は短いバイパスを提供するための一時的な対策として再建されました。
ヴァイデンダンマー橋東からの眺め・wikipedia-photo、「1824年から1881年の写真に架かる橋。背景には新シナゴーグのドーム。」・wikipedia-photo、開通直後の橋の眺め(1897年)・wikipedia-photo、ヴァイデンダンマー橋からベルリン国立歌劇場への眺め(絵葉書、1912年に送付)・wikipedia-photo、現在のシュプレー川とヴァイデンダンマー橋・wikipedia-photo、橋の上の「プロイセン・イカルス(Preußischer Ikarus)」・wikipedia-photo、ヴァイデンダンマー橋の切手・wikipedia-photo]

Weidendammer Brücke – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がヴァイデンダンマー橋です。

橋の上の「プロイセン・イカルス(Preußischer Ikarus)」