世界文化館

マーカーは世界文化館です。

世界文化館
[ 旧コングレスホール。ベルリンっ子の間では「孕んだ牡蠣」としておなじみ。 1956~57年の国際建築展に際し、アメリカの建築家ヒュー・スタビンスが設計。さらに米政府の財政支援もあったことから独米友好関係の証とも言われた。 1980年には屋根の一部が崩れ落ちるというハプニングもあった。 1989年からは世界文化会館として世界各国からのさまざまなイベントが行われている。 また隣接するカリヨンヨーロッパ最大のもので、1987年ベルリン750周年記念に寄贈されたものである。12時と18時の2回、68個からなる鐘のメロディーがティーアガルテンに響きわたる。  (「世界文化会館 – Berlink 【ベルリンク】」より)]

[コングレスホール・wikipdia-photo、「コングレスホール、ハウス・デア・コムサ・デア・ヴェルトのサイト」・wikipdia-photo]

世界文化の家 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が文化世界の家です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*