写真博物館

マーカーは写真博物館です。

写真博物館
[2004年6月、ジューン・ニュートンが夫である世界的に有名な写真家ヘルムート・ニュートンの写真コレクション展示を行うのをきっかけに、ベルリン市へ寄贈する形でベルリン・ツォー駅の近くに写真博物館を開館しました。写真博物館は芸術図書館の一部としてヘルムート・ニュートン財団と同じ屋根の下にあります。新設した目的は、ベルリンの国立博物館のフォトグラフィー部門の多様な博物館の役割分野を、一つの展示・研究・記録センターにまとめることでした。1920年にベルリンで生まれたヘルムート・ニュートン、彼のエロチックな様式は当時ファッション写真界に大きな改革をもたらしました。最初1956年に彼の主な雇い主になった“ヴォーグ_(雑誌)”のオーストラリア版の仕事をしました。それから段々とフランスイタリアアメリカドイツ版と他の有名なファッション雑誌の仕事を担当するようになりました。  (「http://www.visit-germany.jp/JPN/culture_and_events/museums_tlmuseum-id1045-fstadt_museum_main2.htm 」より)]

ヘルムートニュートン写真美術館 – Google Map 画像リンク」「Helmut Newton Foundation – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向が写真博物館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*