国境線のアパート跡

マーカーは国境線のアパート跡です。

ベルリンの壁の痕跡

国境線のアパート跡(Grenzhaus Bernauer Straße 10a)
[1961年8月13日のベルリンの壁建設と同時に、ベルナウアー通りはベルリン分断の象徴的な場所になりました。この通りでは、住宅アパートが東ベルリンに属する国境線となりながら、建物の前の歩道は西ベルリンだったため、町の遮断が最も衝撃的な形で表れている地区として知られています。家族、友だち、近所の住民などが、ある日突然、強制的に切り離されてしまったのです。今でも忘れられない光景は、アパートから逃げ出す劇的な逃亡です。西ベルリン側にある全ての窓が壁で塞がれ、約2000人の住民が強制退去を受けるまで、多くの家族が自由を求めて窓から飛び降りました。  (「ベルリンの壁記念館は – Gedenkstätte Berliner Mauer」より)]

カメラは国境線のアパート跡です。