総統地下壕

マーカーは総統地下壕跡です。

総統地下壕
[1935年、総統アドルフ・ヒトラーは総統官邸の中庭に地下壕を設置させた。当時は主要施設に地下壕を設けるのは特別なことではなかった。1943年には、戦況の悪化を受けて、防御機能を高めた新たな総統地下壕が建造された。二つの地下壕は階段で接続されており、新造部分は「Führerbunker」(総統地下壕)と呼ばれ、旧造部分は「Vorbunker」(旧地下壕)と呼ばれた。
地下壕は攻撃にも耐えられるよう厚さ4mものコンクリートによって造られ、約30の部屋に仕切られていた。構造は強固で、空襲やソ連軍によるベルリンへの激しい攻撃にも耐え抜いた。しかし急ごしらえで建造されたため各所で水漏れが起きるなど、決して完璧なつくりとはいえなかった。また、初期こそヒトラーが嫌っていた喫煙は硬く禁じられ、利用者もそれを守っていたが戦況が逆転不可能になるにつれヒトラーの姿がいない所では堂々とタバコを吸うようになっていた。第二次世界大戦末期の1945年1月16日からヒトラーはここでの生活をはじめた。ヒトラーとエヴァ・ブラウンヨーゼフ・ゲッベルスらが総統地下壕に居住し、ゲッベルスの家族やマルティン・ボルマン等他の者は旧地下壕に居住した。ヒトラーはベルリン市街戦末期の1945年4月30日にここで自殺した。翌日には後継首相のゲッベルスも自決し、5月2日にはソ連軍に占領された。  (wikipedia・総統地下壕より)]

カメラ東北東方向が総統地下壕跡で、カメラ方向右に案内板があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*