ニコライ地区

マーカーは聖ゲオルク像です。

ニコライ地区(Nikolaiviertel)
[ベルリンのミッテ区にあるニコライ地区は、首都で最も古い集落地区です。第二次世界大戦でほぼ完全に破壊されましたが、東ベルリンの治安判事(Magistrat von Berlin)から委託された建築家のギュンター・スタン(Günter Stahn)が1750年から1987年にベルリン市の750周年(750 Jahre Berlin)を記念して再建しました。再構築されたニコライ教会の周辺には、歴史的なタウンハウスと適切に改造されたパネル構造(Plattenbau)の建物の集合体が、ほぼ中世の平面図に基づいて建てられました。記念碑はベルリンの名所の一つです。
ニコライ地区は、今日のミッテ区に属する旧ベルリン(Alt-Berlin)の歴史地区にある4つの地区の1つです。ニコライ教会に由来する名前は、少なくとも1727年から存在し、1987年の再建以降再び使用されています。

ベルリンミッテの歴史地区

図1a ニコライ 図1b Heilige-ガイスト-Viertel 1C Marienviertel 1D Klosterviertel 2A Schlossviertel 図2b Marktviertel 図2c ノイKölln 3A Gertraudenviertel 図3b Schleusenviertel

アルト=ベルリン(Alt-Berlin)とアルト=ケルン(Alt-Kölln)の2つの場所が設立された理由は、1220年から1230年の間に建てられたミューレンダームです。シュプレー川の東岸にあるベルリンの開拓地の中心に、後期ロマネスク様式の石の大聖堂である聖ニコライ教会が1230年頃に完成しました。同時に、ペトリキルシュ(Petrikirche)は、シュプレー島(Spreeinsel)の西岸の真向かいに、やや小さいケルンの中心として建設されました。これは1237年に最初に言及されました。この年は1937年(700年)と1987年(750年)の市の記念日の基礎と見なされていましたが、存続している唯一の証明文書は1238年のもので、ベルリンではなくケルンについてのみ言及しています。2つの都市の始まりについての詳細は不明ですが、1380年の市の火災により、文書や創立文書などの記録が破壊されたと考えられています。
ケルンに言及した最初の存続文書は、1237年10月28日のものです。ベルリンは、1244年1月26日の文書で言及されています。両方の都市がまもなく成長したため、1237年はベルリンの誕生の年と見なされ、主要な都市の記念日はこの日付に基づいています。1307年3月20日、2つの町が統合されてベルリンケルンの都市が形成され、1486年にブランデンブルク選帝侯ヨハン・ツィーツェロ(在位:1486年 – 1499年)が永住地(Residenzstadt)にしました。その時代、都市は主要な貿易拠点に成長し、14世紀にはハンザ同盟にも参加しました。
経済力と相対的な都市の繁栄により、市民は1264年頃に都市中心の建物であるニコライ教会を大改造することができました。ゴシック様式のホール教会(Hallenkirche)が創設され、それは次の世紀に何度も何度も改造されました。教会とベルリンの旧市街中心部の主な特徴は、1870年代にネオ・ゴシック建築のダブルタワーに置き換えられた19世紀の終わりまで、1つのスリムなタワーを備えた非対称の中世のファサードのままでした。ベルリンは常に周辺を拡大し、新しい都市中心部が形成されていましたが、ニコライ地区はほとんど変わりませんでした。 主に職人たちは狭い傾斜した通りに住んで働いていました。現在のニコライ地区のかなりの部分がベルリンの都市形成に参加し、商業ビルで建てられました。19世紀の終わりから最大の建物の1つは、ネイサン・イスラエル・デパート(Kaufhaus Nathan Israel)で、シュパンダウアー(Spandauer)、ケーニッヒシュトラーセ(Königstraße)、ポストシュトラーセ(Poststraße)、プロブストシュトラーセ(Propststraße)のほぼ全域を占めていました。
ナチス時代の1937年のベルリンの700周年に関連して、ニコライ教会周辺の地区を根本的に再設計する計画が始まり、計画を意図した地域は劣悪の環境とされ住居の大部分を取り除く計画とされました。野外博物館がその代わりになるはずです。価値のある歴史的なタウンハウスのファサードがこの地域に設置され、世界の首都ゲルマニア(Welthauptstadt Germania)の計画の実施において、市内の他の場所から削除されました。この計画で、ニコライ教会は1938年に廃止されました。 公の正当化は「音楽大聖堂としての改宗」でした。
第二次世界大戦中、1943年から1945年の間に、旧市街地区は爆弾と焼夷弾によって破壊されました。戦後、破壊された残がいは取り除かれ、破壊されていない建物も取り壊されました。この地域は、何十年もの間ベルリンの都市計画から除外されていました。東ベルリンの管理は、可能な限り最も効果的な住宅の調達と、スタリナリー(Karl-Marx-Allee)などの大規模な代表的な建築プロジェクトに集中しました。歴史的な市内中心部の無視は、1959年からの計画概要で明らかです。ニコライ教会と残りの建物の代わりに、シュプレー川は、東ドイツの中央政府タワー(Zentrales Regierungshochhaus der DDR)の建設の一環として、観光船の港湾に拡張されることになりました。
状況は、ベルリンの750周年が1987年に予定されたとき変化しました。 市政は歴史のルーツに新たな感謝を示し、荒れ地に魅力的で観光客を魅了する地区を開発することを計画しました。その計画では、旧市街の中心部を「歴史的重要性に応じて、新しく再建され建物、通り、広場と調和の取れた統一体に成形する必要があるとし、旧市街環境への活発な体験ができるようにする。」としています。建設プロジェクトは1987年の記念年に完了しました。
地区の再建の過程で、いくつかの既存の建物が復元され、その他の多数の新しい建物が建てられました。歴史的なファサードのある建物や、切り妻、装飾品、錬鉄製の装飾が施された特殊な産業用パネル構造の建物、傾斜した窓、モダンに調整されたアパートメントなどもあります。再建の中で、ニコライ教会の背後にあるタウンハウスは、おそらくオリジナルに最も忠実です。これはモルケンマルクト(Molkenmarkt)のタウンハウスにも当てはまりまが、家の配置は自由な組み合わとなっています。多くの小さなタウンハウス、特に教会周辺は、歴史的な形で完全に再建されました。1936年にミューレンダームで解体されたエフライム邸は、ファサードの元の部分を使用して、元の場所から12メートル移動して再建されました。居酒屋ツム・ヌスバウムは、かつてはハインリッヒ・ジル(Heinrich Zille)、オットー・ナーゲル(Otto Nagel)、クレア・ヴァルドフ(Claire Waldoff)などの著名なアーティストの定期的なパブでしたが、ニコライ教会広場にコピーとして作成されました。 おそらく1571年に建てられたオリジナルは、1943年に破壊されるまで、アルト=ケルンのフィッシャー通り(Fischerstraße) 21にありました。旧市庁舎のコートアーチ、ミューレンダームの隅にあったポストシュトラーセ(Poststraße)のレストラン・ツア・リッペ(Zur Rippe)、ニコライキルヒプラッツ(Nikolaikirchplatz)/アイアーガッセ(Eiergasse)の隅にあった居酒屋ツム・パッデンヴィルト(Zum Paddenwirt)は、ニコライ地区のさらなる歴史的建造物として再建されました。
地区の通りと路地は、伝統的なフロアプランに従い、現代の通りアム・ヌスバウム(Am Nußbaum)を除いて、歴史的なモデルに従って舗装されています。約2000人の居住者は、約50,000m²の面積にある約800のアパートに住んでいます。2010年以降、33のショップ、22のレストラン、ニコライ教会、クノーブラウフ邸、エフライム邸などのさまざまな博物館施設が訪問者に提供されています。
創設の噴水(紋章の噴水とも呼ばれます)はニコライ教会の入り口の隣にあり、1928年のゲルハルト・ティーム(Gerhard Thieme)の設計に従って1987年に建てられました。ベルリン最古の集落地区に建てられた噴水は、街の創設を記念したと言われています。アイエルガッセ(Eiergasse)には、ハンス-ヨアヒム・クンシュ(Hans-Joachim Kunsch)による金属細工の歴史的な噴水もあります。
ニコライ教会広場には、アルバート・ウォルフ(Albert Wolff)による科学の寓話とクレイオーのブロンズ彫刻があります。 これらは1860年から1871年に作成され、ルストガルテンにあり、戦後破壊されたフリードリヒヴィルヘルム3世(在位:1797年 – 1840年)の騎馬像(Reiterstandbild Friedrich Wilhelms III.)の一部でした。さらに、プロプシュトラーセ(Propststraße)のシュプレー川のほとりには、1849年から1853年に作成された聖ゲオルクのブロンズ彫刻があります。これは、アウグスト・キス(August Kiß)による主要な作品の1つであり、以前はベルリン王宮のエオザンデルホフ(Eosanderhof)、その後はフォルクスパーク・フリードリヒスハイン(Volkspark Friedrichshain)にありました。
市庁舎の塔からニコライ地区への眺め・wikipedia-photo、ニコライ教会、1880年頃・wikipedia-photo、NikolaikirchhofとEiergasse、1880年頃・wikipedia-photo]

St George Slaying The Dragon – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が聖ゲオルク像です。

カメラ位置はシュプレー川東岸、聖ゲオルク像後方のカメラで、カメラ北北東方向にニコライ教会が見えます。

カメラ位置はニコライ教会前広場で、カメラ北東方向に手押しポンプ(wikipedia-photo)、その先にThorsten Stegmannによるハインリッヒジル(Heinrich Zille)の彫刻(wikipedia-photo)があります。カメラ東南東方向がニコライ教会で、カメラ南方向がクノーブラウフ邸(wikipedia-photo)です。

カメラ北北東方向がクノーブラウフ邸で、カメラ南方向端にエフライム邸があります。「クノーブラウフ邸 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がアルバート・ウルフ(Albert Wolff)作のクレイオー(wikipedia-photo)で、カメラ西北西方向がニコライ教会で、カメラ東北東方向がニコライ教会広場に再建されたオリジナルに最も忠実とされるタウンハウス(wikipedia-photo)です。

ニコライ教会広場に再建されたオリジナルに最も忠実とされるタウンハウス前のカメラで、カメラ北方向に記念碑があるレッシングハウス(Lessinghauswikipedia-photo)があります。

カメラ位置はアイエルガッセ(Eiergasse)で、カメラ南西方向がハンス-ヨアヒム・クンシュ(Hans-Joachim Kunsch)による金属細工の歴史的な噴水(wikipedia-photo)で、カメラ西北西方向が居酒屋ツム・パッデンヴィルト(Zum Paddenwirt)です。「Zum Paddenwirt – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向・木の向こうにアルバート・ウォルフ作「科学の寓意」(wikipedia-photo)があります。