ザンクト・ヘートヴィヒ聖堂

マーカーはザンクト・ヘートヴィヒ聖堂です。

ザンクト・ヘートヴィヒ聖堂(シロンスクのヤドヴィガ)
[シロンスクのヤドヴィガまたはアンデクスのヘートヴィヒ(ポーランド語:Jadwiga Śląska / ドイツ語:Hedwig von Andechs / ラテン語:Hedvigis, 1174年 – 1243年10月15日)は、カトリック教会の聖女。シレジア(シロンスク)の守護聖人として知られる。12歳でヤドヴィガはポーランドシロンスクヘンリク1世と結婚したが、ヘンリク1世は1233年にポーランド君主となった。ヤドヴィガと夫ヘンリク1世は非常に敬虔な生活を送り、特にヤドヴィガは信仰熱心であった。彼女はいつも貧者を助け、冬でも裸足で歩き、ローマ教会に全財産を寄付して最後には無一文となった。死後24年が経過した1267年、ヤドヴィガは列聖された。1773年、プロイセンフリードリヒ2世ベルリンにザンクト・ヘートヴィヒ聖堂を建てた。この聖堂は現在、シロンスクから移住してきたベルリン大司教区内のカトリック教徒たちの母教会となっている。  (wikipedia・シロンスクのヤドヴィガより)
「ザンクト・ヘートヴィヒ聖堂」・wikipedia-photo、聖堂のインテリア・wikipedia-photo]

聖ヘドヴィッヒ聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がザンクト・ヘートヴィヒ聖堂です。

カメラ位置はザンクト・ヘートヴィヒ聖堂拝廊で、カメラ北東方向階段下が祭壇です。

ザンクト・ヘートヴィヒ聖堂祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*