連邦議会議事堂

マーカーは連邦議会議事堂です。

国会議事堂 (ドイツ)
[国会議事堂( Reichstagsgebäude(ヘルプ / リンク))は、ドイツの首都ベルリンミッテ区にある議事堂。1894年から帝政ドイツヴァイマル共和国を通じて下院の議事堂として機能したが、1933年に不審火によって炎上した。1999年に修復され、現在はドイツ連邦議会の議場が置かれている。1871年に統一ドイツが誕生して以来、国会(ライヒスターク)は既存の建物を転々としながら開催されていたが、新しい国会議事堂の必要性が叫ばれ、建築設計競技が行われたが、巨額の費用を要する建設には当時のヴィルヘルム1世_(ドイツ皇帝)や首相オットー・フォン・ビスマルクらが賛成せず建設計画は遅れていた。1882年、改めて建築設計競技が行われ、189件の応募案の中からパウル・ヴァロット(Paul Wallot )の案が選ばれた。1884年、最初の礎石を皇帝が置き建設が始まり、10年の歳月をかけて1894年に完成した。当時、建物頂上の鉄とガラスのドームは最先端技術の粋といわれた。アドルフ・ヒトラーが1933年1月30日に首相となり、翌月27日に国会議事堂は謎の出火で炎上した。この国会議事堂放火事件をきっかけに、ヒトラーは老齢の大統領パウル・フォン・ヒンデンブルクに緊急大統領令を発布させ、ヴァイマル憲法によって認められた基本的人権や労働者の権利のほとんどを停止させ、共産党を非合法化した。それでも3月5日の国会議員選挙の結果、ナチ党は総投票数の半ばにも達せず、議員数は288名に留まった。国会議事堂が全焼したために国会開会式は3月21日にポツダムフリードリヒ大王の墓所のある衛戍教会 (Garnisonkirche)にヒンデンブルク大統領の臨席の下に厳かに行われた。一日おいて3月23日、クロールオペラ劇場 (Krolloper) を臨時国会議事堂にあて国会審議が始まり、全権委任法が国家人民党、中央党の協力の下に三分の二以上の賛成票を得て承認された。この後、ナチ党は政党を次々と解体して同年7月14日には一党独裁体制を確立し、もはや国会議事堂を必要としない状況を創り出した。第三帝国時代、全焼した国会議事堂の修復はまったく行われなかった。臨時国会議事堂にあてられたクロールオペラ劇場も第二次大戦を生き延びることは出来ず空襲で全壊した。第二次世界大戦中、半ば崩れた国会議事堂は1943年のベルリン大空襲の被害を受け、1945年のベルリン市街戦では、武装親衛隊の強力な抵抗拠点の一つとなっていたためソ連軍の主要な攻撃目標とされ、さらに徹底的に破壊された。国会議事堂の屋根にソ連兵がソ連国旗を掲げる写真(ライヒスタークの赤旗)は、ベルリン陥落を象徴するよく知られた一枚である(天候の関係から制圧の翌々日に撮影したものだという説もある)。なお、議事堂内部には、当時のソ連兵が残した落書きが現在も保存されている。ドイツ再統一までドイツの歴史を問う内容の常設展示の会場として主に利用されていた。1990年10月3日、ドイツ再統一の式典は修復前の旧国会議事堂で開催され、東西両国首脳らが集まり夜には大きな花火も上がるなど記念すべき行事となった。翌日には統一ドイツ議会がここで開催された。統一後の首都をボンに留めるか、ベルリンに戻すかどうか、連邦議会はどこに置くか激しい議論はあったが、結局ベルリンに首都機能を戻すことになったため、ベルリンの旧国会議事堂を連邦議会の議事堂として新たに利用することが決まり、大規模な修復に着手し1999年に完成した。
国会議事堂・wikipedia-photo、連邦議会の議場・wikipedia-photo、「夜間、光を放つ屋上ドーム」・wikipedia-photo、議事堂内部のホール・wikipedia-photo、「正面細部、『Dem Deutschen Volke』(ドイツの人々のために)の碑文」・wikipedia-photo、上空から・wikipedia-photo、シュプレー川から・wikipedia-photo、東側・wikipedia-photo、ソ連兵の落書き・wikipedia-photo、国会議事堂 1900年頃・wikipedia-photo、「1900年ごろの戦勝記念塔と議事堂、ナチスのベルリン改造前は塔はここにあった」・wikipedia-photo、英米軍の空襲とベルリン攻防戦で破壊された国会議事堂(1945年6月3日撮影)・wikipedia-photo、戦後放置された国会議事堂・wikipedia-photo、ソ連兵の落書きだらけの内部・wikipedia-photo、「1995年、現在の建物になる際の建設風景」・wikipedia-photo  (wikipedia・国会議事堂 (ドイツ)より)]

[ 屋上のガラスドームに隣接してカフェ・レストランのダッハガルテンがある。ダッハガルテンは、ドイツの有名高級デリカブランド、ケーファー直営のモダンなドイツ料理店で、ガラス張りの店内からは ベルリン の町が一望のもとに! しかもレストランの予約客は、議事堂屋上のガラスドームに待ち時間なしで入場できるというメリットもあります。ダッハガルテンのドイツ料理は、地元の厳選素材を使ったヘルシーでスタイリッシュな創作料理。ワインも厳選されたドイツワインばかりです。朝食メニューは16ユーロ~。ランチ以降のメインディッシュは20ユーロ~。  (「ベルリンのレストラン・カフェ」より)]

国会議事堂 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向が連邦議会議事堂です。

カメラ初期設定方向が連邦議会議事堂です。

屋上ドームのカメラです。

屋上ドーム・展望台へのルートのカメラです。

展望台のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*