6月17日通り(蚤の市)

マーカーはカメラ位置です。

6月17日通り(蚤の市)
[6月17日通り(独: Straße des 17. Juni)は、ドイツベルリン中心部を東西に貫く通り。ウンター・デン・リンデンブランデンブルク門で名称を変え、ティーアガルテンを西に通ってシャルロッテンブルクのエルンスト=ロイター=プラッツまで至る。中間に戦勝記念塔が建ち、ブランデンブルク門と塔の間には1945年に建てられたソビエト戦争記念碑がある。ミッテからティアーガルテンを突っ切ってシャルロッテンブルクまで通じることから、1953年6月17日より以前はシャルロッテンブルク通りと呼ばれていた。通りは公園の西600ヤードまで続く。1799年に舗装され、19世紀の急激な発展で西への主要幹線道となった。第一次世界大戦の火ぶたが切って落とされた1914年8月の軍事パレードでは、市民数十万人が集まった。第二次世界大戦ではこのような光景は見られなかったが、アメリカ人ジャーナリストで歴史学者のウィリアム・L・シャイラーアドルフ・ヒトラーがパリから凱旋した1940年夏に大規模な戦勝パレードが行われたとしている。
東西の軸にあたることからナチス期にはパレードルートに指定され、ナチス国旗がはためいた。道幅も広くなり、1938年には国会議事堂前にあった戦勝記念塔がティーアガルテンに移された(塔は1933年2月に焼失したが、後に復元)。ベルリンの戦いで市内の全空港が利用不能になると滑走路になった。1953年の東ベルリン暴動では、多くの労働者の命が赤軍人民警察に奪われた。この悲劇を後世に伝えるため、同年この通りは現在の名前になった。ラブパレードLIVE 8といった大規模イベントでは開放されることがあり、2006年のワールドカップでは6週間にわたり通行禁止になった。ベルリンマラソンのスタート地点でもある。
「ベルリンSバーンのティアーガルテン駅から東を望む。6月17日通りの先に見えるのが戦勝記念塔」・wikipedia-photo (wikipedia・6月17日通りより)]

[「6月17日通りの蚤の市」はベルリンの代表的な蚤の市。6月17日通りはブランデンブルク門を挟んで、ウンター・デン・リンデンと反対側に延びる大通り。長~い通りで、会場はブランデンブルク門からは3kmほど先の地点になります。会場になっているのは、鉄道駅ティアーガルテン駅の正面から、6月17日通りの沿道約500mのエリア。業者の出店が多い蚤の市で、生活雑貨やアンティーク、衣料関連の露店では、お土産にできそうなものや実用的な商品も見つかるかもしれませんよ。(「ベルリンのショッピング(スーパー・デパート他)」より)]

ベルリン旅行記~蚤の市編~ – 古道具とアンティークの店 nara

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*