アルテ・ピナコテーク

マーカーはアルテ・ピナコテークです。

アルテ・ピナコテーク
[アルテ・ピナコテーク(Alte Pinakothek、旧絵画館)はドイツの国立美術館である。バイエルン州ミュンヘンに位置する、世界でも最古の部類に属する公共美術館である。もとはバイエルン王家ヴィッテルスバッハ家の収蔵品を市民を対象に展示する目的で作られた。以後、バイエルン王国ドイツ帝国への編入を経て、国有化され、現在にいたる。「ピナコテーク」という単語はギリシア語に由来しており、「絵画の収蔵所」という意味を持つ。
12世紀からバイエルンを統治してきたヴィッテルスバッハ家の美術コレクションの形成は、16世紀前半にさかのぼる。1527年~1528年頃、当時のヴィルヘルム4世_(バイエルン公)は、アルブレヒト・アルトドルファーらの著名な画家にミュンヘンのレジデンツ(王宮)のために歴史画の制作を注文した。この時制作されたアルトドルファーの『アレクサンドロス大王の戦い』はアルテ・ピナコテークの代表的収蔵品の1つとなっている。以後、歴代の君主の収集を加え、ヴィッテルスバッハ家のコレクションはヨーロッパでも有数のものとなった。19世紀に至り、ルートヴィヒ1世_(バイエルン王)(在位1825年-1848年)は、イタリア絵画などの優品を数多く入手して、コレクションの幅を広げ、これらを収蔵展示する新たな建物の設置を計画した。彼は建築家レオ・フォン・クレンツェ(1784-1864)に設計を命じ、1826年に起工、1836年に絵画館が開館した。館名に「アルテ」(「古」)を付すのはノイエ・ピナコテーク(新絵画館)の開館後であることは言うまでもない。建物は第二次世界大戦で被害を受けたが、戦後に復興し、1957年に再開している。当館はノイエ・ピナコテークおよびピナコテーク・デア・モデルネに隣接し、二館とともにドイツ国立バイエルンコレクションを陳列する。当館は中世からバロック期にかけての作品を陳列の中心にし、ハンス・ホルバインルーカス・クラナッハアルブレヒト・デューラーなどのドイツ絵画のほか、ルーベンスピーテル・ブリューゲルらを始めとするフランドルネーデルラントの絵画、さらにはフランススペインイタリア絵画にも多くの優品があることで知られる。
「アルテ・ピナコテーク」・wikipedia-photo  (wikipedia・アルテ・ピナコテークより)]

カメラ北西方向がアルテ・ピナコテークです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*