オールドアカデミー

マーカーはオールドアカデミーです。

オールドアカデミー
[旧アカデミー(ドイツ語: Alte Akademie)または、ウィルヘルミナ(Wilhelminum)と呼ばれるが、ドイツミュンヘンの中心部にある建物です。オールドアカデミーの建設は、16世紀にさかのぼる、建物はルネサンス建築ファサードと4つの内部中庭があります。ヴィルヘルム5世 (バイエルン公)は、大学のための建物の建設を命じ、聖ミヒャエル教会の隣にイエズス会の大学として、1583年から1590年に設立されました。建物を設計した人は不明ですが、それはおそらくフレデリック・スストリス(Friedrich Sustris)であろうと思われる。1773年イエズス会の追放後に建物は軍の士官候補生のための兵舎となりました。1783年から1826年に、建物は裁判所図書館とアーカイブを収容し、その後、絵画と彫刻の学校となった(従って、”アカデミー”と呼称される)。1826年から1840年に、建物はルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘンが一時的に収容された。第二次世界大戦(1944)の間に深刻な破壊の後、バイエルン統計局を収容するために ジョセフ・ウィードマン(Josef Wiedemann)によって再建された。
「オールドアカデミー、ノイハウザー通りからの眺め。」・wikipedia-photo、マイケルWening画による1700年頃の ウィルヘルミナ・wikipedia-photo]

カメラ北北西方向が、オールドアカデミーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*