オールドミント(旧造幣局)

マーカーはオールドミント(旧造幣局)です。

オールドミント(旧造幣局)
[オールドミント(旧ミントヤード)は元々、アルブレヒト5世_(バイエルン公)(1528-1579)が厩舎と、公爵の美術コレクションのために建設した、ミュンヘンルネッサンス建築の建物です。建物は1563年に宮廷建築家ヴィルヘルム・エック (Wilhelm Egk)によって建設された。後に建物は、造幣局として使用された。西ファサードは1809年に新古典主義建築で再建設されたが、中庭側は、ルネッサンス建築のアーケードを維持しています。最後に、北側のファサードは、マクシミリアン通りが王家の通りのコンセプトに合わせ造成されたとき、ゴシック・リヴァイヴァル建築様式に変更された。南のアーチは、アルターホフ(旧王宮)の中庭の建物と接続します。
オールドミント(旧造幣局)の中庭・wikipedia-photo]

カメラ北北東方向がオールドミント(旧造幣局)です。カメラ西北西方向にアルターホフ(旧王宮)の中庭の建物と接続のアーチが見えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*