グリュプトテーク、ミュンヘン古代美術博物館

マーカーはケーニヒス広場です。

グリュプトテーク
[グリュプトテーク (Glyptothek) は、ドイツミュンヘンにある古典古代彫刻専門の美術館である。「グリュプトテーク」はギリシャ語で「彫刻館」の意。同じミュンヘン市内にあるアルテ・ピナコテーク(旧絵画館)と同様、バイエルン国王ルートヴィヒ1世_(バイエルン王)(在位1825年-1848年)が設立した美術館である。アルテ・ピナコテーク(1836年開館)より若干早く、1830年に開館した。ギリシャ神殿風の建物は新古典主義建築の建築家レオ・フォン・クレンツェ(1784年-1864年)の設計になる。通りを挟んで向かい側にある古代美術博物館(Antikensammulugen)とともにバイエルン州立古代美術コレクションを形成している。第二次世界大戦の空襲で甚大な被害を受け、一時閉鎖されていたが、1972年に再開館した。
主な収蔵品
●エギナ島アファイア神殿の彫像
アテネの南西にあるエギナ島アファイア神殿のペディメント(破風)彫刻であり、トロイア戦争を表したものである。紀元前500年頃。
●テネアのアポロン
紀元前550年頃、ギリシャ・アルカイック期に作られたアポロンの彫像で、ペロポネソス半島東北部、コリントス近郊のテネアで発掘された。
●バルベリーニのフォーン
眠るフォーンの彫像。17世紀イタリア枢機卿ベルニーニの庇護者であったバルベリーニが自らの宮殿においたことから、バルベリーニのフォーン(Barberini Faun)と呼ばれる。
グリュプトテーク外観・wikipedia-photo、アファイア神殿の彫像・wikipedia-photoアルテミスの像(紀元前1世紀)・wikipedia-photo、バルベリーニのフォーン・wikipedia-photo  (wikipedia・グリュプトテークより)]

ミュンヘン古代美術博物館
[ミュンヘン古代美術博物館には、エクセキアス作、ディオニューソスの杯(紀元前530年頃)がある。
エクセキアス(Εξηκίας、Exekias)は古代ギリシアの陶芸家および陶器の絵付師で、おおよそ紀元前550年から紀元前525年のアテナイで活動した。彼の作品の多くはエトルリアなど地中海各地に輸出され、アテネに残っている作品は一部である。エクセキアスは主に黒像式陶器を作った。これは黒色で像のシルエットを描き、乾いたところに刻線で細かい描写をし、時には赤や白の彩色を施してから焼く方式である。エクセキアスは黒像式陶器の独自の極めて精緻な作品を残した陶芸家および絵付師として知られている。  (wikipedia・エクセキアスより)
アンティークのバイエルン州立コレクション・wikipedia-photo、「エクセキアス作、ディオニューソスの杯(紀元前530年頃)」・wikipedia-photo、「ケルン・古代ローマのネットワーク・ガラス(およそAD400年頃 )」・wikipedia-photoアルメント(Armento)の黄金の花輪・wikipedia-photo]

カメラ位置はミュンヘン古代美術博物館前で、カメラ北北東方向がグリュプトテークです。

カメラ西南西方向がミュンヘン古代美術博物館です。

カメラ北西方向がグリュプトテークです。

グリュプトテーク (Glyptothek)展示場の一室のカメラです。

グリュプトテーク (Glyptothek)中庭のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*