ノイエ・ピナコテーク

マーカーはノイエ・ピナコテークです。

※誠に勝手ながらノイエ・ピナコテークの絵画ギャラリーの一般展示公開は、2018年12月31日より大規模改修工事とその準備のため、閉鎖いたします。それにより2019年夏から19世紀アートの名品セレクションは、東側に隣接するアルテ・ピナコテークやシャック・コレクションでご覧いただけるようになります。再開は2025年の予定です。  (「アルテ・ピナコテーク」より)]

ノイエ・ピナコテーク
[ノイエ・ピナコテーク(Neue Pinakothek)は、ドイツミュンヘンにある美術館である。同じミュンヘンにあるアルテ・ピナコテーク(古絵画館)に対し、ノイエ・ピナコテークは文字どおり「新絵画館」である。アルテ・ピナコテーク開館から十数年後の1853年、その当時の現代絵画を収蔵するため、ルートヴィヒ1世_(バイエルン王)によって設立された。
18世紀半ばから20世紀の作品約5千点を収集しており、特にドイツ・ロマン派ナザレ派などのドイツ近代絵画、さらにクロード・モネポール・セザンヌピエール=オーギュスト・ルノワールポール・ゴーギャンなど印象派の作品が充実している。
主な収蔵品
フィンセント・ファン・ゴッホひまわり』(1888年)
アルノルト・ベックリン『波間のたわむれ』(1883年)(wikipedia-photo)
フェルナン・クノップフ『私は私自身に扉を閉ざす』(1891年)
グスタフ・クリムト『マルガレーテ・ストンボロー=ウィトゲンシュタイン』(1905年)
フランツ・フォン・シュトゥック『罪』(1893年)
「ノイエ・ピナコテーク」・wikipedia-photo  (wikipedia・ノイエ・ピナコテークより)]

ノイエ・ピナコテーク – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がノイエ・ピナコテークです。

ノイエ・ピナコテーク展示室のカメラです。

カメラ西北西方向・フィンセント・ファン・ゴッホの作品『ひまわり』(1888年)を中央に、左『オーヴェル近くの平野』(1890年7月)(wikipedia-photo)、右に『アルルの見える花咲く果樹園』(1889年4月)(wikipedia-photo)、また、カメラ東方向にポール・ゴーギャン作『テ・タマリ・ノ・アトゥア(神の子)』(1896年)(wikipedia-photo)があります。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*