バヴァリア女神

マーカーはバヴァリア女神です。

バヴァリア女神
[バイエルンの伝統的シンボル
バイエルンの獅子とバヴァリア女神に青白の菱紋は、バイエルン州のシンボルで、建物の玄関口や噴水や、看板・旗その他の表示物でよく目にする。獅子はヴィッテルスバッハ家の家紋であるが、菱紋の起源は中世ボヘミアンの封建領主ボーゲン伯の旗印にある。獅子とバヴァリア女神とを初めて一体化したのは、ミュンヘンのオクトーバーフェスト会場にある「栄誉の殿堂」(ルーメスハレ)の前に立つ巨大なバヴァリア女神像である。以来、バイエルン政府は、獅子とバヴァリア女神を一体化したシンボルを採択し、今日に至っている。  (「HdBG : Geschichte Bayerns : Ausstellung Bayern Bilder」より)
バヴァリア女神とホールオブフェイム(殿堂入り)の正面・wikipedia-photo、2001-2002の改装後のバヴァリア女神とライオン・wikipedia-photo、背後からのバヴァリア女神・wikipedia-photo、オークの葉の花輪を持って左手・wikipedia-photo、ドイツ博物館にある作り直された右手・wikipedia-photo、顔・wikipedia-photo、像内部のらせん階段・wikipedia-photo、1840年のシュヴァンターラー(Schwanthaler)作の石こう模型・wikipedia-photo、19世紀のはがき・wikipedia-photo]

カメラ西方向がバヴァリア女神で、その後ろがルーメスハレです。

カメラ南東方向がバヴァリア女神です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*