バイエルン国立歌劇場

マーカーはバイエルン国立歌劇場です。

バイエルン国立歌劇場
[バイエルン国立歌劇場(Bayerische Staatsoper)は、ドイツバイエルン州ミュンヘンにある歌劇場。実際の運営はバイエルン州とミュンヘンの補助金が大半を占めていることからバイエルン州立歌劇場とも呼ばれるが、日本では昔から「国立歌劇場」の名称で紹介されて広く知られている。ちなみに、ドイツの州立歌劇場はこれに限らず国立歌劇場と訳されることが多い。元はバイエルン選帝侯国の宮廷劇場であったことや、各州が首相以下の政府を擁して強い自治権を持つことから、「国立歌劇場」で間違いではないとする意見もある。
ドイツを代表する歌劇場の一つであり、ブルーノ・ワルターハンス・クナッパーツブッシュゲオルク・ショルティといった有名指揮者達が音楽監督を務めてきた。特に1970年代から80年代にかけてのヴォルフガング・サヴァリッシュ時代は、常連のカルロス・クライバーらとともに全盛期を築き、活発な録音録画や来日公演などでわが国にも広く親しまれた。クライバーはここの管弦楽団に強い信頼を寄せ、しばしばオペラ以外にコンサートを開催。映像や録音も残されている。現在、音楽監督はケント・ナガノが務めている。なお、短期間のフェレンツ・フリッチャイ時代を除いては、一貫してドイツ(オーストリア)人音楽監督を据え続けてきた(ショルティも当時はドイツ国籍)が、1998年以降はこの伝統は絶えている。
バイエルン国立歌劇場・wikipedia-photowikipedia-photo  (wikipedia・バイエルン国立歌劇場より)]

カメラ南西方向がバイエルン国立歌劇場です。バイエルン国立歌劇場前は、マックス・ヨーゼフ広場で、カメラ南方向・広場中央にはマックス・ヨーゼフ1世(マクシミリアン1世_(バイエルン王))の銅像があります。

バイエルン国立歌劇場、マックス・ヨーゼフ広場の鳥瞰カメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*