バイエルン州立図書館

マーカーはバイエルン州立図書館です。

バイエルン州立図書館

[Google アートプロジェクト] – 「バイエルン州立図書館

[バイエルン州立図書館(Bayerische Staatsbibliothek)は、バイエルン州の州都ミュンヘンにある州内の中心的図書館である。同時に、ドイツ語圏での最大級の図書館の一つでもある。この図書館の前身は、アルブレヒト5世_(バイエルン公)が建てたヴィッテルスバッハ宮廷図書館である。公は1558年にヨハン・アルプレヒト・ヴィドマンシュテッター(Johann Albrecht Widmannstetter)の個人的な蔵書を図書館の基本的な蔵書とするために購入した。1571年には、アルブレヒト5世はヨハン・ヤコブ・フッガーの蔵書も購入して拡充を図った。そこには次のものが含まれる。
●フッガーから派遣された人員によってスペインイタリアオランダなどで買い集められた約1万冊の本。
●アルプス以北で最も重要な人文主義的な蔵書とされたハルトマン・シェーデルの蔵書から流出した写本インキュナブラ
それ以外の蔵書の劇的な増加は、ドイツの修道院が多く取り壊された1802年から1803年にかけて訪れた。この時に1000年以上にわたって蓄積されてきた稀覯書を、全体のごく一部ではあったけれども、ドイツの各州立図書館が救済する形になり、ミュンヘンにも流れたのである。ヴィッテルスバッハ宮廷図書館は1919年にバイエルン州立図書館と改称した。
バイエルン州立図書館・wikipedia-photo  (wikipedia・バイエルン州立図書館より)]

カメラ東方向がバイエルン州立図書館です。

バイエルン州立図書館階段室のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*