ホーフガルテン

マーカーはホーフガルテンです。

ホーフガルテン
[ホーフガルテン (Hofgarten) はドイツミュンヘン市中心部、英国式庭園とミュンヘン宮殿の間に位置するバロック式庭園。名称はドイツ語で「王宮付属庭園」の意。この庭園は、1613年から1617年にかけて、マクシミリアン1世_(バイエルン選帝侯)の命によりイタリア様式のルネサンス庭園として造園が計画された。バイエルン王宮の付属庭園であり、1807年から1905年までの間は庭園の東側に王宮庭園付兵営が置かれていた。1853年には宮廷付き造園家のカール・エフナー・ゼーニオールによって改修工事がなされている。第二次世界大戦の戦禍を被ってホーフガルテンは荒廃した。戦後、庭園の再造園をめぐって、19世紀中頃に出たものの実現しなかった案である英国式果樹風景庭園にするか、それとも17世紀に造られたオリジナルを復元するかで意見が分かれた。結局、カール・エフナーによる1853年の王宮付き庭園としての改修工事案に基づきながら、一部に19世紀中頃の典型的な造園区画を設けることで全体が整備された。今日では一般に開放され、市民憩いの人気スポットとなっている。
「庭園の鳥瞰写真。庭園東側(写真上方)にはバイエルン州政府内閣官房の建物が見える。」・wikipedia-photo、ホーフガルテンからテアーティナー教会を望む・wikipedia-photo、ホーフガルテンの噴水と東屋・wikipedia-photo、「ディアナ園亭外観・東屋」・wikipedia-photo、「園亭の壁泉。上部に二枚貝の装飾がうかがえる。」・wikipedia-photo  (wikipedia・ホーフガルテン_(ミュンヘン)より)]

タンボジ
[1775年創業の老舗カフェ・レストラン。ミュンヘン最古といわれ、店内はバロック風の鏡や椅子が歴史を感じさせる。オデオン広場に面したテラス席からは、テアティーナ教会将軍堂を見渡しながら、昔ながらの素朴な手作りケーキが味わえる。モーニングや日替わりの食事メニューも充実しているので、近くの宮廷庭園などを観光した後に立ち寄っても良いだろう。  (「タンボジ」より)]

カメラ南東方向がホーフガルテン入り口です。また、カメラ東北東方向にオデオン広場とレジデンツ(王宮)の庭園ホーフガルテンに面したカフェ・レストラン・タンボジがあります。

ホーフガルテン内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*