マクシミリアン(バイエルン州議会)

マーカーはマクシミリアン(バイエルン州議会)です。

マクシミリアン議事堂(バイエルン州議会)
[マクシミリアン通りの計画と平行して、マキシミリアネウムが計画された。1850年にマキシミリアン2世は“高度教育と教育機関のための青写真の準備”である国際的建築競争を開催する事を決意した。それには、王の考案をいかに忠実に実現できるかを都市美化計画によって証明した、フリードリヒ・ビュルクライン (1813 – 1872)が任命された。1857年10月5日、マキシミリアン2世は基礎を築くことができた。1864年2月、彼の突然の死から間もなく、西側部分の中間部分が既に1階まで完成していたにも関わらず、王が計画において変更を指示していたことに対する募る批判により、計画されたとがったアーチは新ルネッサンス様式のアーチと柱状配列のしっくいに道を譲った。従って、計画とマキシミリアネウムの建築史は共にマキシミリアン様式の始まりと終わりの両方を示した。1874年、その建物はついに完成した。  (「バイエルン連邦州議会およびマキシミリアン議事堂」より)]

[マクシミリアン議事堂・wikipedia-photo]

カメラ東方向がマクシミリアン議事堂(バイエルン州議会)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*