マクシミリアン通り

マーカーはマクシミリアン通り中間点付近です。

マクシミリアン通り
[1839年にマキシミリアン皇太子(後のマクシミリアン2世_(バイエルン王))は、計画リストに彼の即位(1848年)に際して新しい道を作ることで東へと町を延長することを加えた。この計画は、建築家フリードリッヒ・ビュルクライン (Georg Friedrich Christian Bürklein)が1851年にマクシミリアン2世が、初めてミュンヘンの旧市街とハイドハウセンが一つながりの道、“フォーラム”と橋、“アクロポリス”として定義される “ミュンヘンの美化”に関する計画を提示した事で具体的方策が採用された。1853年に約1,200メートルの長さの“新しい道”の建造が開始し、1858年に正式に“マキシミリアン通り”となった。1858年に、都市計画役員であるアーノルド・ゼネッティがイザール川にかかる プラーター島への橋を建設した。ミュンヘンの新しい通りに一様な外観を与えるために、マキシミリアン2世は外観のパターンのデザインを建築家に依頼した。それは王によって表された新しい様式に準拠しており、それはマキシミリアンスタイルと呼ばれている:美術の全歴史的時代の最高であるアングロサクソン・ゴシック・リヴァイヴァル建築に基づき、それに現代建築技術を組み合わせられた。
  (「バイエルン連邦州議会およびマキシミリアン議事堂」より)]

カメラ位置はバイエルン国立歌劇場の南で、マクシミリアン通り起点付近です。

カメラ位置はマクシミリアン通り中間点付近です。

カメラ位置はマクシミリアン(バイエルン州議会)の南で、マクシミリアン通り終点付近です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*