マリアヒルフ教会

マーカーはマリアヒルフ教会です。

マリアヒルフ教会
[マリアヒルフ教会はミュンヘンのアウ地区に建つ教会。17世紀からここには教会があったが、それにかわる新たな教会として、1831-39年ヨーゼフ・ダニエル・オールミュラーによって建設された。この教会は南ドイツ初の新ゴシック様式の教会として、またステンドグラスの大きさも15メートルを超える大きな教会として知られる。塔の高さは90メートル。第二次世界大戦後現在の姿になる。またこの教会横のマリアヒルフ広場は古物市が開かれる場所として有名。  (「マリアヒルフ教会 – イザール河畔のアテネから — やまねこの物語 —」より)]

[マリアヒルフ教会・wikipedia-photo、マリアヒルフ教会の噴水・wikipedia-photo]

カメラ南東方向がマリアヒルフ教会で、教会周辺で骨董市「アウアー・ドゥルト」が開かれます。

マリアヒルフ教会内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*