マリエン広場

マーカーはマリエン広場です。

マリエン広場(Marienplatz)
[ミュンヘンの町の中心は、ミュンヘン中央駅からSバーン(近郊電車)で2つ目の「マリエン広場(マリエンプラッツ)」。ここには仕掛け時計がある立派な新市庁舎が立ち、周辺にはお店やレストラン、カフェがたくさん並んでいます。地元の人、観光客が常に行き来し、とても活気のある場所。気候のいい時期はレストランやカフェがテーブルを出し、みんなそこでビールを飲んだりお茶をしたりしながら、ミュンヘンの風景を楽しんでいます。広場にはステージが設置され、イベントが行われることも。12月は広場全体がクリスマス市となります。  (「ミュンヘンの中心広場で食事するならココ! [ミュンヘン] All About」より)]

[マリエン広場の中心に黄金の像がある。これがマリア柱像で、これはドイツ三十年戦争が起こったとき、バイエルン選帝侯マクシミリアン1世(在位:1623年 – 1651年)が「ミュンヘンが戦災から逃れることができたら記念柱を建てる」と神に誓い、実際に戦災から逃れられたことを記念してたてられたもの。この柱は地元民からは待ち合わせ、観光客には憩いの場として用いられ、いつもたくさんの人たちがまわりにいる。  (「マリア柱像 Mariensäule 「マリエン広場」のうんちく | たびすまいる 」より)]

[マリエン広場と新市庁舎の眺め・wikipedia-photo、新市庁舎とマリエン広場の西方向の眺め・wikipedia-photo、マリアのコラムとマリエン広場・wikipedia-photo、マリアのコラム上の聖母マリア・wikipedia-photo]

マリエン広場 – Google Map 画像リンク」「Mariensäule – Google Map 画像リンク」「フィッシュブルネン – Google Map 画像リンク

聖ペーター教会塔からのマリエン広場

カメラ位置はマリエン広場で、カメラ南西方向にマリア柱像があり、カメラ北北東方向が新市庁舎です。

マリエン広場のマリア柱像

冬のマリエン広場

マリエン広場のクリスマスマーケット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*