ルートヴィヒ・マクシミリアン大学

マーカーはカメラ位置です。

ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン
[凱旋門の横に、ルートヴィヒ・マクシミリアン大学(ミュンヘン大学)がある。これは新ロマネスク建築で建てられた。大学の中心広場は、ナチス・ドイツの抵抗グループ「白いバラ」のリーダーたちを記念して、ゲシュヴィスター・ショル広場(ショル兄妹広場)と呼ばれている。  (「ルートヴィヒ通り、凱旋門 – イザール河畔のアテネから — やまねこの物語 …」より)]

[ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン(Ludwig-Maximilians-Universität München)は、ドイツバイエルン州ミュンヘンにある大学。州立大学である。ドイツ九大エリート大学の一つとされている。通称、ミュンヘン大学。
1472年に下バイエルン=ランツフート公ルートヴィヒ9世によってインゴルシュタット大学として創設されたが、北のプロテスタントライプツィヒ大学と対立して長らくイエズス会の支配下におかれ、閉鎖を繰り返しつつ、ナポレオン戦争の後の1826年にルートヴィヒ1世_(バイエルン王)によってミュンヘンに移転再創設された。第二次世界大戦中、ドイツ国内における反ナチス運動の一つである白いバラの活動がミュンヘン大学を中心として行われた。メンバーは大学の医学部生であり、大学内でのパンフレット配布の際に逮捕され、その後、死刑に処されている。また、トゥーレ協会の一員で、ナチ党にも深く関わっていた地政学者、カール・ハウスホーファーがその教鞭をとったこともある。2005年までに13人の卒業生、研究者がノーベル賞を受賞している。
「メイン・ホール」・wikipedia-photo  (wikipedia・ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘンより)]

道路両サイドが、ルートヴィヒ・マクシミリアン大学キャンパスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*