ルーメスハレ

マーカーはルーメスハレです。

ルーメスハレ
[1853年、ミュンヘンにバイエルン人専用の殿堂ルーメスハレが建設された。こちらに祭られた9人は、後にヴァルハラ神殿にも祭られた。そのため、ルーメスハレにあった胸像は第二次世界大戦中の1944年に破壊されたが、再建されなかった。その代わりに彼らの名を記した銘板で、胸像がヴァルハラ神殿にあることを告知している。さらにルートヴィヒ1世_(バイエルン王)は解放記念堂などのモニュメントも建設させ、自身もヴァルハラとルーメスハレの両方に祭られている。  (wikipedia・ヴァルハラ神殿より)]

ルーメスハレ北側階段口のカメラです。

ルーメスハレ内南側のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*