レジデンツ(王宮)[レジデンツ博物館]

マーカーはレジデンツ(王宮)[レジデンツ博物館]です。

レジデンツ(王宮)[レジデンツ博物館(Munich_ResidenzMünchner Residenz)]
[5世紀に渡りバイエルンを統治したヴィッテルスバッハ家の本宮殿。最初の居城は、レジデンツの敷地内にある旧王宮アルター・ホーフでしたが、多発する市民の反乱を機に1385年に新しい宮殿の建設をスタートさせました。それから、何度も増改築が繰り返され、ほぼ現在の形で完成したのが、19世紀のバイエルン王ルートヴィヒ1世(在位:1825年 – 1848年)の時代でした。400年以上の歳月を費やして築かれてきただけあって、ルネサンス建築ロココ建築バロック建築新古典主義建築の各様式が混在しているのが特徴です。現在、レジデンツ内部は「レジデンツ博物館」と「レジデンツ宝物館」として公開されています。  (「レジデンツ ~ミュンヘン」より)]

[ミュンヘンレジデンスの一般的な平面図

地上階平面図

祖先のギャラリーと磁器のキャビネット(部屋4と5)、Antiquarium(部屋7)、Cuvilliés-Theater(宮殿の噴水の中庭(Brunnenhof)からアクセスできます。)

1F平面図

ホフガルテンとシャルロッテンツィンマー(33〜41室)、リッチチャペル(部屋98)、Kaisertreppe、Kaisersaal、Vierschimmelaal ( 110〜112 室)

レジデンツ(王宮)のファサード・wikipedia-photo、レジデンツ(王宮)の北側・wikipedia-photo、王宮前のライオン・wikipedia-photo、Grottenhof(中庭)・wikipedia-photo、Fontain Court(噴水広場・1610年建造)・wikipedia-photo、カイザーホフ(Emperor’s Court)・wikipedia-photowikipedia-photo、Allerheiligen宮廷教会横の広場(Chapel Court)・wikipedia-photo、ルネサンス様式の宮殿アンティクヴァリウム(考古館)・wikipedia-photo、バロック様式の先祖画ギャラリー・wikipedia-photo、バイエルン王の新古典主義の小玉座ルーム・wikipedia-photo、バイエルン選帝侯の寝室・wikipedia-photo、Kaisertreppe(皇帝の階段)・wikipedia-photo、廊下・wikipedia-photo、マーシュタル(王立厩舎)・wikipedia-photo、バイエルン王の即位の宝器(1807年)・wikipedia-photo、女王の真珠の装飾品・wikipedia-photo、装飾品・wikipedia-photo、聖ゲオルグの彫像・wikipedia-photo]

レジデンツ博物館ホームページ」 – 「ビジター情報」「宮殿博物館」「宮殿10の中庭

Residenz München – Google Map 画像リンク」「バイエルン美術アカデミー – Google Map 画像リンク」「宝物館 – Google Map 画像リンク」「ミュンヘン・レジデンツ – Google Map 画像リンク」「ヘラクレス・ザール – Google Map 画像リンク」「キュビリエ劇場 – Google Map 画像リンク」「諸聖人宮廷教会 – Google Map 画像リンク」「Staatliche Münzsammlung – Google Map 画像リンク」「Hofkapelle – Google Map 画像リンク」「パーセウスブルネン – Google Map 画像リンク」「ヴィッテルスバッハーブルネン – Google Map 画像リンク」「カビーネットシュガルテン – Google Map 画像リンク」「クローンプリンツ=ルプレヒト=ブルネン – Google Map 画像リンク」「Marstall – Google Map 画像リンク」「Antiquarium – Google Map 画像リンク

カメラ位置はマックス・ヨーゼフ広場で、カメラ北方向がレジデンツ(王宮)南ファザードで、カメラを反転するとマックス・ヨーゼフ1世(バイエルン王マクシミリアン1世・在位:1806年 – 1825年)の銅像がある。

カメラ北方向がレジデンツ(王宮)の西ファサードです。

カメラ位置はオデオン広場で、カメラ東方向がホーフガルテン入口で、カメラ南東方向が、レジデンツ(王宮)です。

カメラ位置はホーフガルテン南サイドで、カメラ南方向がレジデンツ(王宮)北ファサード(ヘラクレス・ザール(Herkulessaal))です。

カメラ位置はクローンプリンツ=ルプレヒト=ブルネン前広場で、カメラ西方向がレジデンツ(王宮)東ファサードです。

カメラ位置はカビーネットシュガルテンで、カメラ方向左が諸聖人宮廷教会で、右がキュビリエ劇場(Cuvilliés-Theater)になります。

カメラ南東方向がマーシュタル(王立厩舎)です。

祖先のギャラリー(部屋4・The Baroque Ancestral Gallery)

ルネサンス様式の宮殿アンティクヴァリウム(部屋7・Antiquarium)のカメラです。

リッチルーム(部屋55〜62)のグリーンギャラリー(部屋58)のカメラで、カメラ西北西方向が観客ルーム(部屋57)になります。

リッチチャペル(部屋98)

Kaisersaal (部屋111)

キュビリエ劇場(Cuvilliés-Theater) – 宮殿の噴水の中庭(Brunnenhof)からアクセスできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*