レンバッハハウス美術館

マーカーはレンバッハハウス美術館です。

レンバッハハウス美術館

[Google アートプロジェクト] – 「レンバッハハウス美術館

[レンバッハハウス美術館 (Städtische Galerie im Lenbachhaus) は、ドイツミュンヘンにある美術館である。ワシリー・カンディンスキーをはじめとする「青騎士」派の画家たちの作品を多く収蔵することで知られる。日本語では「レンバッハハウス市立美術館」「レンバッハ美術館」などとも表記される。19世紀のドイツで活動した肖像画家・美術収集家で、侯爵であったレンバッハ(Franz von Lenbach,1836年-1904年)の邸宅兼アトリエを改装した美術館である。美術館の建物はレンバッハの好んだイタリアルネサンス風の様式で、1889年、ガブリエル・フォン・ザイドル(Gabriel von Seidl) の設計で建てられた。1925年にミュンヘン市の所有となっている。建物は美術館用途に改装されているが、レンバッハ自身の作品が展示されている、庭に面した部屋には邸宅だった当時の雰囲気が残されている。当館には『ビスマルク像』(1890年)など、レンバッハ自身の作品も収蔵されているが、当館を国際的に有名にしているのは、カンディンスキーなどの「青騎士」派の画家たちの作品のコレクションである。
レンバッハハウス美術館・wikipedia-photo  (wikipedia・レンバッハハウス美術館より)]

カメラ西北西方向がレンバッハハウス美術館です。

レンバッハハウス美術館展示室のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*