正義の宮殿(州立裁判所)

マーカーは正義の宮殿(州立裁判所)です。

正義の宮殿(州立裁判所)
[正義宮殿ミュンヘン(正義の宮殿)は、ミュンヘンの豪華な裁判所と管理棟です。それは、カールス広場(シュタッフス)の西側で、ネオ・バロック様式で建築家フリードリヒ・フォン・ティールシュュによって1890年から1897年に建設された。初期の頃の建物はガラスのドーム(67メートル)によって占められていた。それはバイエルン州の裁判所とミュンヘンの地方裁判所を収容している。1943年に人民法廷(ドイツ民族裁判所)は、「白いバラ」メンバーを反逆罪により有罪とし、死刑の判決を下した。法廷ルーム253は、今は記念の場所です。
正義の宮殿(州立裁判所)・wikipedia-photo、「正義の宮殿、地下勝手口と階段」・wikipedia-photo、19世紀からのはがき・wikipedia-photo]

白いバラ
[白いバラ(Die Weiße Rose)は第二次世界大戦中のドイツにおいて行われた非暴力主義の反ナチス運動。ミュンヘンの大学生であったメンバーは1942年から1943年にかけて6種類のビラを作成した。その後グループはゲシュタポにより逮捕され、首謀者とされるハンス・ショルほか5名がギロチンで処刑されたため、7種類目の印刷がおこなわれることはなかった。彼らの活動を描いた映画が戦後何度かドイツで作られ、反ナチ抵抗運動として、国際的に知られている。日本では、白バラ、白バラ抵抗運動などとも呼ばれる。  (wikipedia・白いバラより)]

カメラ北北東方向が正義の宮殿(州立裁判所)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*