旧市庁舎

マーカーは旧市庁舎です。

旧市庁舎
[旧市庁舎(ドイツ語:Altes Rathaus)、市庁舎として1874年まで使用された。現在は、ミュンヘンの市議会が使用している。1310年に初めて文書に記述される建物には、1392-1394年に構築された大ホール(祝祭の間)があります。旧市庁舎はかつて、最初の都市城壁であった、Talburgゲート(Talburgtor)の尖塔の役割を果たていました。旧市庁舎は、ヨーク・フォン・ハルスバッハ( Jörg von Halspach )によって、1470年から1480年に後期ゴシック建築で再建設され、大ホール(祝祭の間)は、エラスムス・グラッサー(Erasmus Grasser)によって作成されたモリスケン舞踏人形で装飾されました。ルネッサンス期に変更された建物のファサードは、1861年から1864年にネオ・ゴシック建築で復元された。1874年に市庁舎機能は、新市庁舎に移動した。増加する道路交通の通過のために、旧市庁舎は1877年から1934年間にトンネル化された。第二次世界大戦中に被災した建物と尖塔は、1971年から1974年に再建された。
旧市庁舎・wikipedia-photo]

[建築家で木彫り職人だったエラスムス・グラッサーは1474年ミュンヘンにやって来てミュンヘン旧市庁舎の祝祭の間のために16体のモリスケン舞踏人形を作った。現在それらのうち10体が現存し市立博物館の方に展示されている。  (「イザール河畔のアテネから — やまねこの物語 — 」より)]

カメラ北方向が旧市庁舎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*