聖ルーカス教会

マーカーは聖ルーカス教会です。

聖ルーカス教会
[聖ルーカス教会はミュンヘンで3番目のプロテスタント教会として、アルベルト・シュミットの手により初期ゴシック建築で1893-96年建設された。外観はロマネスク建築ルネサンス建築のドームが付いたものである。この教会礼拝堂で特徴なのはその椅子。椅子にはそれぞれ装飾がなされていて、ライオンや人の顔などがついている。また説教壇を支える5本の色つき大理石の柱も有名。この柱は中央祭壇にも使われている。中央祭壇にはイエスが描かれている。この教会の高さは63.7メートルあり、礼拝堂の大きさは奥行き54メートル、幅44メートルで約3000人分の座席がある。第二次世界大戦の空襲ではほんの僅かではあるが損傷を受けた。  (「聖ルーカス教会 – イザール河畔のアテネから — やまねこの物語 —」より)]

カメラ西方向が聖ルーカス教会です。

聖ルーカス教会身廊のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*