ホルステイン宮殿(大司教宮殿)

マーカーはホルステイン宮殿(大司教宮殿)です。

ホルステイン宮殿(大司教宮殿・Palais Holnstein)
[この宮殿はミュンヘンとその近隣のフレイシングの司教のためのレジデンツです。1733年~37年にかけてフランスの建築家、フランソワ・ド・クヴィーユによってソフィア・カロリーネ・フォン・インゲンハイム(カール・アルベルト・ホルステイン伯の愛人)のために作られた。インテリアはヨハン・バプティスト・ジマーマンによるミュンヘンでもっとも洗練されたロココ様式。エレガントなファサードからはそれを見ることが出来ない。1977年から1982年までここには現在のローマ教皇ベネディクト16世(在位: 2005年 – 2013年)が住居を構え、また2006年にミュンヘン訪問の際には、ここが宿舎として使われた。  (「宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ」より)]

[Holnstein宮殿・wikipedia-photo、Holnstein宮殿の入り口・wikipedia-photo]

Erzbischöfliches Palais – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がホルステイン宮殿(大司教宮殿)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*