オノフリオの小噴水(本警備隊の建物)

マーカーはオノフリオの小噴水(本警備隊の建物)です。

オノフリオの小噴水(本警備隊の建物)
[オノフリオの小噴水は、本警備隊の建物の壁龕にあります。
この噴水は、1438年公共水道が整備された後、プラッツァ(ストラドゥン)の東側に、1446年、オノフリオ・デラ・カヴァが造ったものです。
この小さな傑作の石の装飾は、ミラノのピエトロ・ディ・マルティーノが手掛けました。八角形の水槽のそれぞれの面にある裸の男の子のレリーフ、イルカと貝、ためた水を吹き出す顔の彫刻と柱の上の跪いた男の子達は、まだ、ゴシックの制作技術も垣間見える中、ルネサンスの世界観を表現しています。
今日、この噴水は、16世紀のドゥブロヴニクの喜劇作家、マリン・ドルジッチによる謝肉祭の劇、「Novela od Stanca」の舞台の一部になっています。  (「オノフリオの小噴水 – TURISTIČKA ZAJEDNICA GRADA DUBROVNIKA」より)]

[鐘楼の横に、本警備隊の建物、15世紀の提督の住居があります。
20世紀に修復されましたが、18世紀の建築家、マリン・グロペリの建設した建物の美しいバロックの正面玄関は、復元され、残されています。今日、ここは、映画館への通路になっています。  (「本警備隊の建物 – Turistička zajednica grada Dubrovnika」より)]

カメラ東南東方向が本警備隊の建物で、右壁にオノフリオの小噴水があります。

オノフリオの小噴水前の360citiesです。