オノフリオの泉

マーカーはオノフリオの泉です。

オノフリオの泉
[ストラドゥン(プラッツァ)に向かって街に入れば、オノフリオの大噴水が現れます。
これは、水を噴き出す16の顔の彫刻がある、多角形の噴水です。
ナポリのオノフリオ・デラ・カヴァが、プラッツァの反対側にある小噴水とともに、公共利用のための噴水として建設したものです。1438年、12キロ離れたリエカ・ドゥブロヴァチュカから水を引いてできた、街の水道建設の象徴です。その水路は、今日も新しい水道設備に組み込まれています。噴水の丸型天井は、1667年の地震で損傷を受けて以来、もとの形に修復されることはありません。今日、噴水の周りの階段に、若者や観光客が集まり、ドゥブロヴニクの鳩達とともに、冷たい水で一息ついています。  (「オノフリオの大噴水 – TURISTIČKA ZAJEDNICA GRADA DUBROVNIKA」より)]

[バス停を降りて旧市街地をくぐりぬけると、まず目に飛び込むのは16角形とドーム型の屋根を持つユニークなオブジェ。それがオノフリオの泉です。24時間休まず旅人の喉をうるおすこの泉は、だれもがその水を味わうことができます。
このオノフリオの大噴水は、1438年に造った大きなオブジェ噴水であり、12km離れた源泉から水を引いて市内に流れ出ています。蛇口はなくコンコンと常に水が流れ出て、誰でも気軽に飲むことができます。口当たりは軟水のようでくせのない味わい。とても飲みやすく、ひんやり冷えてとても美味しいです。  (「ドブロブニクの天然水 オノフリオの泉 [クロアチア] All About」より)]

[ピレ門から旧市街に入ると、オノフリオの噴水が目に入ります。この 15 世紀の給水施設は水路を通じて飲料水を街の中へ送るために建設されたものですが、今日では地元住民と観光客に人気の待ち合わせスポット。
噴水は 12 km 離れたドゥブロヴァチュカ川から水を運ぶため、1438 年に建設されました。建築家オノフリオ ジョルダーノ デラ カヴァが設計を手掛け、この地域で建設された最初の送水路の一部となりました。
ドームで覆われた大噴水は、当初は多くの彫刻と凝った装飾で飾りたてられていましたが、1667 年の大地震でこうした装飾は失われました。現存している彫刻をよく見てください。水の注ぎ口には 16 の顔のレリーフが姿を留めています。  (「オノフリオの噴水 / ドゥブロブニク オールド タウン旅行|エクスペディア」より)]

Large Onofrio’s Fountain – Google Map 画像リンク」「Jewish fountain – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がオノフリオの泉です。

城壁から見たオノフリオの泉です。