ピレ門

マーカーはピレ門です。

ピレ門
[ピレ門が造られたのは16世紀で深い堀にかけられた橋は、木製の跳び橋だったといわれています。 侵入者を防ぐため、あるいは夜間の出入りを制限するため橋はしばしば上げられていたようです。 現在の橋は石橋にかけ替えられていますが、こちらでも門に似合っていて風情を醸しだされています。 ピレ門近くにはインフォメーションがあり、旧市街のメインゲートになっています。  (「ドブロブニクの観光地 ピレ門 | クロアチアガイド」より)]

[ドゥブロヴニク旧市街へのメインゲート。ほとんどの旅行者がこの門から旧市街巡りの旅へと通り抜けてゆきます。14世紀から16世紀にかけてラグーサ共和国(現ドゥブロヴニク旧市街)の内門と外門とで構築されたこのピレ門には、かつて海側と山側からの敵の攻撃を防ぐために堀には木製の跳ね橋があり、毎日夜には橋を跳ね上げて鍵をしていました(堀は現在は水はありません)。
現在の内門と外門のアーチの上には、左手にドゥブロヴニクの町を乗せたこの町の守護聖人・聖ヴラホの彫刻がこの町を守っています。内門の彫刻は20世紀のクロアチアで著名な彫刻家・イワン・メストロヴィッチの作品。そこに1460年に作られた扉も見ることができます。  (「ピレ門 – ドブロブニクのおすすめ観光地・名所 | 現地を知り尽くしたガ」より)]

猫的生活: ピレ門(ドブロブニク)

カメラ東方向がピレ門外門です。

ピレ門内のカメラです。

ピレ門内の360citiesです。

ピレ門城内のカメラです。