尖塔ルジャと町の鐘楼

マーカーは尖塔ルジャです。

尖塔ルジャと町の鐘楼
[東側のプロッチェ門から街へ入り・・・
ドミニコ会修道院の南側、城壁との間の道を進み、アーチ形天井の税関の門を通り抜けると、旧市街の中心地、ストラドゥンへ入ります。
門の上には、15世紀の古い尖塔ルジャが立っており、1952年に改築されています。その横に、1444年に建設された、時計のある鐘楼がそびえています。鋳造職人イワン・ラブリャニンが1506年、大きな鐘を製造し、また同時に、槌で鐘をたたいて時を知らせる、青銅の“ゼレンツィ”が造られ、人々に知られるようになりました。1667年の地震で損傷を受け、崩壊の危険があったため、1929年、新たに同じ形の鐘楼が建設され、ゼレンツィは、複製となりました。今日、ゼレンツィのオリジナルは、スポンザ宮殿の広間で見られます。  (「ルジャと町の鐘楼 – Turistička zajednica grada Dubrovnika」より)]

カメラ東方向門の上が尖塔ルジャでその右が時計のある鐘楼です。

スポンザ宮殿柱廊屋根上・尖塔ルジャ、尖塔ルジャ、時計のある鐘楼そばの360citiesです。

Snowy View from Sponza Palace, Dubrovnik, Croatia, 2017.