アウグストゥス橋

マーカーはアウグストゥス橋です。

アウグストゥス橋(Augustusbrücke)
[アウグストゥス橋はドレスデンエルベ川の掛かる道路橋で、旧市街と新市街の歴史的中心部を結んでいます。
1287年には、24本の桟橋と23のアーチを持つ石造りのアーチ橋が初めて言及されました。橋の幅は「15キュビット」、全長は「800ペース」、すなわち幅7.20メートル、長さ561メートルであった。これらの次元で、それはヨーロッパで最も長いアーチ型の橋と考えられていました。
アウグスト2世(ザクセン選帝侯・在位:1694年 – 1733年)の下で、有名なバロック建築家、ダニエル・ペッペルマンが、1727-1731年に建築家のJohann Gottfried Fehreと共に橋を建設しました。
橋は17のアーチを持ち、橋長は402メートル、パラペット間の幅は11.04メートル、キャリッジウェイの幅は6.8メートルあり、アウグスト2世にちなんでアウグストゥス橋と名づけられました。
現在の新しい橋の建設計画は1902年に始まり、フリードリヒ・アウグスト3世 (ザクセン王・在位:1904年 – 1918年)時代に完成し、フリードリヒ・アウグスト橋(Friedrich-August-Brücke)と名づけられました。
橋は1945年5月7日、第二次世界大戦終結の翌日、ドイツ軍によって爆破されました。
ソビエト連邦占領下の1949年7月28日に橋が再開され、橋はジゲオルギ・ディミトロフ橋(Georgij-Dimitroff-Brücke、ゲオルギ・ディミトロフはブルガリアの政治家)と名付けられました。
ドイツ再統一前の1990年9月30日に、橋は橋の歴史的な名前アウグストゥス橋(Augustusbrücke)と改名されました。
アウグストゥス橋は9つのアーチで構成され、そのうちの4つは川の橋脚(通常の水位)に設置れています。建物の全長は約390メートル、アーチの幅は17.6〜39.3メートル、橋の幅は18メートル、柱の長さは25メートルです。
「高層階のアウグストゥスブリュッケ、フラウエン教会への眺め」・wikipedia-photo、「航空写真:エルベ川沿いのアウグストゥス橋(2008年)」・wikipedia-photo、アウグストゥス橋の夜景・wikipedia-photo、1865年頃・wikipedia-photo、1900年頃・wikipedia-photo、1900年頃・wikipedia-photo、橋の下の(ほぼ)乾燥したエルベ1904・wikipedia-photo、アウグストゥス橋と暫定建物の解体(1907年)・wikipedia-photo、一時的な戦後の橋渡し1945・wikipedia-photo、「フラウエン教会、Marienbrückeのバックグラウンドでの眺め」・wikipedia-photo、北東階段の改装・wikipedia-photo]

[古アウグストス橋(1727–1731):ドレスデンを代表する橋であったが、船の大型化のため1907年に取り壊され、旧橋のデザインを受け継いだ新アウグストス橋が建設された。  (wikipedia・ダニエル・ペッペルマンより)]

Augustus Bridge – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向がアウグストゥス橋になります。

カメラ北北西方向がアウグストゥス橋です。

カメラ東南東方向がアウグストゥス橋です。

カメラ北方向がアウグストゥス橋です。