アルベルティヌム美術館

マーカーはアルベルティヌム美術館です。

[Google アートプロジェクト] – 「アルベルティヌム美術館(彫刻コレクション)」、「ノイエ・マイスター絵画館

アルベルティヌム美術館
[アルベルティヌム美術館(Albertinum)は現代美術館です。 建物は砂岩で覆われたネオルネッサンス建築で、ドイツ・ドレスデンの歴史的中心部であるブリュールのテラスにあります。 建物はザクセン王国アルベルトにちなんで命名されています。
アルベルティヌム美術館内にはドレスデン州立美術館のノイエ・マイスター絵画館(Galerie Neue Meister)と彫刻コレクション(Skulpturensammlung)が開設されています。これらの美術館はロマン主義から現代までの絵画と彫刻の両方を約200年間展示しています。
アルベルティヌム美術館となる建物は、王家の「アンティークと近代の彫刻のコレクション」を収蔵するために、1559年 – 1563年に建設された武器庫を拡張して、王室建築家アドルフ・キャンツラー(Adolph_Canzler)の設計で1884年 – 1887年に建設され、1889年、彫刻コレクションが移されました。
1945年2月13日の第二次世界大戦におけるドレスデンの爆撃でダメージを受け、1953年に修復されました。
彫刻コレクションのほかに、アルベルティヌム美術館には1965年以来、二階にはノイエ・マイスター絵画館を併設しています。
2002年の洪水により、アルベルティヌム美術館の改修と新たな防水施設の建設が必要となり、2006年に改修のために一時閉鎖されたこの建物は、2010年6月20日にロマン主義から現代までの絵画と彫刻の融合のために設計された「現代の家」として再オープンしました。
最も重要な改良点は、中庭が屋根を形成するアトリウムで、「芸術の箱」と呼ばれています。
アルベルティヌム美術館東側の入り口・wikipedia-photowikipedia-photo、テラスからの眺め・wikipedia-photo、アルベルティウムのアトリウム・wikipedia-photo]

アルベルティーヌム – Google Map 画像リンク」「Sculpture Collection from 1800 – Google Map 画像リンク

カメラ南方向がアルベルティヌム美術館です。

アルベルティヌム美術館正面前のカメラです。

アルベルティヌム美術館ホールのカメラです。