グリュックスガス・シュタディオン

マーカーはグリュックスガス・シュタディオンです。

グリュックスガス・シュタディオン
[グリュックスガス・シュタディオン(Glücksgas Stadion)は、ドイツザクセン州ドレスデンにあるサッカースタジアム。ブンデスリーガ2部1.FCディナモ・ドレスデンのホームスタジアムである。地元出身の陸上中距離選手、ルドルフ・ハルビッヒにちなむルドルフ=ハルビッヒ=シュタディオン(Rudolf-Harbig-Stadion)が正式名称であるが、2010年12月にバイエルンのエネルギー会社グリュックスガスが命名権を取得し、現在の名称となっている。
1923年6月に「イルゲン・カンプバーン」として完成。1945年2月のドレスデン爆撃で破壊されたが、1951年9月に「ルドルフ・ハルビッヒ・シュタディオン」の名で陸上スタジアムとして再建した。1971年に東ドイツ政府当局により「ディナモ・シュタディオン」と改名させられたが、1990年のドイツ再統一により「ルドルフ=ハルビッヒ=シュタディオン」の名称を復活した。
国際サッカー連盟(FIFA)およびドイツサッカー連盟(DFB)のスタジアム基準に適合させるため、2007年より改築が行われ、2009年に球技専用スタジアムとしてリニューアルした。
2010 FIFA U-20女子ワールドカップ2011 FIFA女子ワールドカップでは試合会場となった。ワールドカップ期間中は会場周辺でのFIFA公式スポンサー以外の企業名・商標の露出は禁じられるため、旧称の「ルドルフ・ハルビッヒ・シュタディオン」と呼称された。
「グリュックスガス・シュタディオン」・wikipedia-photowikipedia-photo  (wikipedia・グリュックスガス・シュタディオンより)]

グリュックスガス・シュタディオン、観客席上段からのカメラです。

グリュックスガス・シュタディオン、フィールド内のストリートビューです。