ドレスデン中央駅

マーカーはドレスデン中央駅です。

ドレスデン中央駅
[ドレスデン中央駅(Dresden Hauptbahnhof)は、ドイツザクセン州の主要都市ドレスデンにある鉄道駅である。1892年から1897年の間に市街地の南端に建てられ、市の発展に重要な役割を果たした。
大多数の優等列車はドレスデン=ノイシュタット駅と当駅の両方に停車する。
ドレスデン中央駅は、ベルリンプラハニュルンベルクとの間に直通列車を持つ。1897年、市の南にあった3つの駅に置き換わる形で開業した。駅舎は1945年2月に開始されたドレスデン爆撃によって損傷した。終戦後に再建が開始しされ、東ドイツの重要な駅のひとつとなった。2000年より大規模な再建が行われている。主要なトレインホールや屋根などは完成した。2008年にはすべての工事を完了する予定であったが、2010年現在も部分的に工事は続いている。2002年8月、ヴァイサリッツ川の氾濫による浸水で駅舎は被害を受けた。入り口のホールや低層のプラットホームは、泥水により1メートル程上昇してしまった。ドレスデン近郊の多くの線路が損傷を受け、1ヶ月のあいだ駅は閉鎖されたが、駅の再建計画への影響は一時的なものであった。
ドレスデン中央駅・wikipedia-photo、改装後のプラットフォーム・wikipedia-photo  (wikipedia・ドレスデン中央駅より)]

楽しめるドレスデン中央駅へ – ドイツ生活情報満載!ドイツニュース …

カメラ西北西方向がドレスデン中央駅です。

ドレスデン中央駅コンコースのカメラです。

ドレスデン中央駅ホーム頭端部のカメラです。

ドレスデン中央駅北側プラットホームからのカメラです。

ドレスデン中央駅プラットホームのカメラです。