城壁下の要塞(ドレスデン要塞博物館)

マーカーは城壁下の要塞(ドレスデン要塞博物館)入口です。

城壁下の要塞(ドレスデン要塞博物館・Museum Festung Dresden)
[昔、ドレスデンの町を囲んでいた重厚な城壁の下部に設けられた地下壕(防衛施設)で、ドレスデンで最も古い、ルネッサンス時代の建造物です。ブリュールのテラスの下にあり、川側からも射撃用の穴などが見えます。
施設の内部は想像以上に大きく、アーチ型の天井の部屋や通路が入り組み、弓や火器の発射施設、食料や武器・弾薬の貯蔵庫、兵士の避難場所などを備えています。
この地下壕には、Ziegeltor(れんが門)と呼ばれていた楼門も収まっています。これは町の北側にあった大きな門で、それに付属する監視所や検問所、兵士詰め所、堀を渡るための橋、通行を遮断するための落下式の柵などがあります。この門は16世紀の末に城壁が拡張された際、地下壕の一部として利用するために城壁の下に埋め立てられたものです。その上には後年、ブリュールのテラス・庭園が設けられました。しかし、それがかえって幸いし、19世紀はじめに城壁や市内に通じる門がすべて取り払われた際にもこのれんが門だけは撤去を免れました。5つほどあったといわれる市門の中で現存する唯一のものとなっています。
地下壕とZiegektorは1991年から発掘、整備が行われ、現在は博物館になっています。
入り口は少しわかりにくいですが、聖母教会の脇の道(川側)を少し行った左側にあるGeorg-Treu-Platzの石段の下にあります。  (「城壁の下の要塞施設カゼマッテ-ドレスデン情報ファイル」より)]

[16世紀に、ドレスデンを守るために建造されたドレスデン要塞。かつてはドレスデン旧市街全体を囲っていましたが、現在はエルベ川に臨む北東部の一部が残っています。
地下にあるため入り口が分かりにくいですが、"Festung Dresden"と書かれた立て看板などもありますので、探してみてください。地下への階段を降りていくと、石で囲まれた地下道が現れます。要塞内には意外とした広々とした空間が広がっていて、馬車も通れるほどの幅があり、保管倉庫や大砲置場の跡があったりと、観光ポイントが至る所にちりばめられています。ドレスデン要塞では、土曜日限定ですが観光ガイドも行われていますので、ドイツ語が分からなくても雰囲気を味わいたい人は参加してみてください。
ちなみに、2018年末までリニューアル工事が行われているため、休館となっています。  (「「エルベ川の真珠」ことドレスデンで行ってみたい観光スポット24選」より)]

ドレスデンの要塞 – ドイツ生活情報満載!ドイツニュースダイジェスト

カメラ北東方向突き当りに案内板があり、その右方向が入口になります。