ハンガリー国立博物館

マーカーはハンガリー国立博物館です。

ハンガリー国立博物館

[Google アートプロジェクト] – 「ハンガリー国立博物館

[ハンガリー国立博物館(洪: Magyar Nemzeti Múzeum)とは、ハンガリーの国立博物館である。建物はブダペスト8区に所在し、現在の建物は1837年から1847年にかけて建築士のポラック・ミハーリによって作られた。
ハンガリー国立博物館はセーチェーニ・フェレンツ国立セーチェーニ図書館を建てた1802年に設立されたとされている。設立の翌年にはセーチェーニの妻フェシュテティチ・ユーリアの鉱物のコレクションが寄贈され、ハンガリー国立博物館は図書館だけでなく自然史博物館としての役割を担った(これが後の自然史部門の基礎になる)。1807年にハンガリー議会で認可され、博物館への寄付を募った。
1832年から1834年にかけて、ハンガリー議会は50万フォリントを博物館の建物の増設のために予算を出し、更なる博物館の発展に寄与した。この間に、ハンガリー国立歴史博物館は正式にハンガリー国立博物館のもとに設立された。1846年には現在地の8区美術館通り14-16に移転し、新しい建物はポラック・ミハーリによって新古典主義建築様式で設計された。
1848年、博物館はハンガリー革命において重要な役割を果たした。ペテーフィ・シャーンドルの声明、1848年ハンガリー革命に於ける十二か条と彼の詩ネムゼイ・ダルが博物館の正面で朗読され、革命に拍車をかけた。そのため、ハンガリー人の民族意識にとって重要な博物館であるとみられている。また、この革命を記念してアラニ・ヤーノシュ像(1883年)とペテーフィ・シャーンドル像(1890年)が正面階段の横に設置されている。以後、ハンガリー議会上院はこの博物館で開催され、ハンガリー国会議事堂が建立されるまで続いた。今日では1848年の国家記念日の追憶祭が博物館の正面で開かれている。
1949年、博物館の民族部門と自然史部門を本館から切り離す事が法的に定められ、これにより今日の国立セーチェーニ図書館ができる。これらの部門を切り離された現在でも相互交流されており、他の博物館やモニュメントともだんだんと提携を広めている。最近では、1985年にエステルゴム城の博物館と提携を結んだ。
現在のハンガリー国立博物館の建物は1837年から1847年にかけて作られた。
10時から18時まで営業しており、定休日は月曜である。入場料は1,100フォリントで、2,500フォリントを追加で支払う事で撮影する事が出来る。また、ガイドによるツアーも受け付けている。
ハンガリー国立博物館・wikipedia-photo、ハンガリー国立博物館とカールヴィン広場wikipedia-photo  (wikipedia・ハンガリー国立博物館より)]

ハンガリー国立博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がハンガリー国立博物館です。

ハンガリー国立博物館のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*