ブダペスト中央市場

マーカーはブダペスト中央市場です。

ブダペスト中央市場
[中央市場(洪: Nagycsarnok、大市場ホールの意)とは、ハンガリーブダペスト9区のフェーヴァーム広場に面する市場である。
ブダペスト工科大学教授ペッツ・シャム(Samu Pecz)の設計により建設され、1897年に完成した。
この市場は、3階建てであり、多様な種類の物が売られている。一階では、肉や野菜などの食料品、香辛料など調味料、フォアグラ、トカイワイン、キャビアなどの高級食品を販売しており、地下にはスーパーマーケットも入っているが魚や漬け物などの食品売り場が並び、二階には土産物屋や食堂が並んでいる。
日曜と祝日は休業である他は午前6時に開業し、月曜日は午後5時まで、火曜日から金曜日は午後6時まで、土曜日は午後3時まで営業している。何れの営業日も最後の1時間くらいはほとんどのお店が片付け、あるいは早目に閉店してしまうので注意が必要。
中央市場の正面・wikipedia-photo、内部俯瞰・wikipedia-photo、内部・wikipedia-photo  (wikipedia・ブダペスト中央市場より)]

ブダペスト中央市場 – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向がブダペスト中央市場です。

ダペスト中央市場入口内のストリートビューです。

ブダペスト中央市場内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*